【衝撃画像】地球の水を一箇所に集めたらたったこれだけしかない!

地球

地球上、無限にあると思われる水

みなさんは地球にある水といえば海を思い浮かべるかと思います。

地球の陸と海の割合は7:3とも言われ、水の惑星地球とも言われます。

しかし、地球上にある水を一箇所に集めてみましょう。

なんと思っていたよりも少ないのです。

それでは見てみましょう

地球の水

1番大きな球体。これは地球上に存在する全ての水を球体にしたもので、大きさは直径1380km。

アメリカ大陸の西海岸をすっぽり覆ってしまうような大きさであります。

とはいうものの、この巨大な球体に含まれる水のうち、96.5%は飲み水には適さない海水。

人間が飲むことが出来る飲み水は、どれぐらい地球に存在しているかというと、それを示すのが2番目と3番目の球体である。

2番目の球体は、地球上に存在する淡水の総量を示していて、球体の直径は約273km。1番目の球体の約2.5%ほどの大きさほどしかありません。

そこから、氷河など、すぐに飲用することができない分を除外。

川など流れている人間がすぐに飲用できる飲み水の量を示したのが、最後の3番目の球体です。

球体は更に小さくなり、直径は約56km。1番目の球体のたった1・5%しかない大きさとなっているのです。

日頃、何気なく飲んでいる飲み水。その貴重さを改めて認識させられる画像ではないのでしょうか。

出展:ViRATES

楽天ランキングトップ5「水」

 

 

 

関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る