ひな祭りの甘酒の由来と作り方

甘酒

3月3日はひな祭り

ひな人形を飾り、ひなあられや、ちらし寿司を食べてお祝いしますね。

そんなひな祭りに欠かせないもののひとつである「甘酒

今回は、ひな祭りで飲む甘酒の由来と、美味しい甘酒のレシピを紹介します。

甘酒と白酒の違い

まず、甘酒と白酒を混同している方が多いと思います。

甘酒

甘酒とは、ノンアルコールのお酒です。

家で作ることが出来ます。

白酒

白酒は、アルコールの入っているお酒で、酒造屋さんでしか作ることは出来ません。

お子様が飲めるのが甘酒ですよぉ〜!!

ひな祭りと甘酒(白酒)の関係

ひな祭りでは、白酒を厄除けに飲みます。

言い伝えで、大蛇が宿ってしまった女性が3月3日に白酒を飲むと、胎内の大蛇を流産させる事が出来ると聞き、胎内に悪い子が宿らないように白酒を飲んだそうです。

そして、3月3日には長寿を祝い、厄祓いのために白酒を飲むようになりました。

白酒が飲めない子供のために甘酒が出来たというわけです。

甘酒2

簡単美味しい甘酒レシピ!

甘酒は炊飯器を使うことで、とっても簡単に出来ます!

甘酒の素(4人分)

材料分量
400g 〜 500g
1合
少々

作り方

炊飯器でお粥を炊きます。

そのあいだに麹を手でほぐします。

炊きあがったお粥に冷水を加えて少し冷まします。

お粥に麹を混ぜます。

炊飯器にセットします。

炊飯器の蓋は開けたまま布巾などで蓋をして、保温スイッチを入れます。

4〜5時間保温して発酵させます。

蓋を開けたまま炊飯スイッチを押し、混ぜながら沸騰直前に塩をひとつまみ入れます。

別の容器に移して冷まします。

飲み方

お好みの固さに薄めて、温めて飲んでください。

砂糖、塩でお好みの甘さに調整してくださいね。

まとめ

簡単でしょ!!

是非お家でお子様と一緒に作って、楽しいひな祭りのお祝いをしてください!

楽天ランキング「甘酒」トップ5


関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る