年賀状はいつまでに出せば元旦に届く??

年賀状

年賀状とは?

年賀状とは、本来ならばお年始のご挨拶に伺うべきところを、お世話になったすべてのお家にお伺いすることは不可能なので失礼ながら書面で済ませるためのものです。

ですからご近所など、お年始のご挨拶に伺う場合は、本来は年賀状を出さなくてもいいわけです。

ただ、昨今は年賀状が習慣化されていて年賀状のやりとりを楽しみにするようになっているので、日頃のお付き合いに感謝し、今後も変わらぬ関係を築くために年賀状と訪問の両方でのご挨拶となっても問題はないでしょう。

いつまでに出す?

年賀状が元旦に届くようにするには、12月の特別扱い期間の15日から25日頃までに投函しなければいけません。

郵便局のホームページではこのように紹介しております。

12月25日(木)までの差出にご協力をお願い致します。

一通でも多くの年賀状を元旦にお届けするためには、できるだけ12月25日までに差し出していただけますようお願い致します。

12月26日以降28日までに差し出していただいた年賀状も、出来る限り元旦にお届けできるよう取り組んでまいります。

なお、年末押し迫っての差出が集中した場合、地域によっては元旦にお届けできない場合がございますので、ご了承ください。

これは年によって違う場合がありますので、新聞や郵便局などで確認しましょう。

もし年賀状受付の期限を過ぎてしまった時は・・・

年賀状を元旦に届けるための通常の期限はわかってても、急に仕事が忙しくなったり、ついついのんびりしてしまって期限を過ぎてしまった場合は、最終手段の奥の手があります。

それは速達郵便

速達郵便を利用することで年賀状を元旦に届けることができます。

もし、年賀状をだすのが、28日を過ぎてしまった場合はポストに直接投函するのではなく、郵便局の窓口で速達として配達をしてもらいましょう。

大晦日、31日の夕方までに速達として年賀状をだせば、大抵の場合元旦に届けることができます。

年賀状はいつまでだしていい?

年賀状は松の内の期間内に出します。

松の内とは元旦から1月7日までのことです。

その期間が過ぎたら「寒中見舞い」になります。

寒中見舞いになると年賀はがきは使えませんし、新年を祝う言葉も使いません。

その場合は和紙などの美しい私製はがきを使うと気が利いています。

ただ、やはり元旦に届くように出すのが一番ですね。

楽天ランキング「年賀状」トップ5


関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る