紅葉の絶景おすすめライトアップポイントを紹介!!

醍醐寺 紅葉 ライトアップ

百万ドルの夜景の由来を説明しよう

戦後間もないころ、六甲山から見えるのは、大阪、尼崎、西宮、芦 屋、神戸などの市が見えた。

それらの電灯の数を合計すると、50 0万個近い数字になり、それにかかる電気代が一ヶ月で約4億 3千万円。

当時は1ドル360円だったから、ドルに換算すると100万ド ル強になる。

ここから「100万ドルの夜景」というようになったといわれている。

現在は当時とは比べ物にならないくらいに発展した。

電灯の数も多くなってるし、物価価格も今とは違う。

円ドル換算も120円弱とだいぶ違う。

それでもその当時の百万ドルの夜景とは圧巻だっただろう。

2015秋の夜長を楽しむための紅葉絶景スポットをピックアップ

清水寺

清水寺 紅葉 ライトアップ

燃え上がるような真っ赤なもみじがおよそ1000本あるといわれている。

清水寺から眺める景色はまさに圧巻。

特に「奥之院」から眺める清水の舞台が一番人気であり、夜になるとうっすらと見える一直線に光る青色のサーチライトは、観音様の慈悲をイメージしている。

青蓮院門跡

青蓮院門跡 紅葉 ライトアップ

龍心地と紅葉、そして奥には竹林。

まるで一枚の絵画を鑑賞しているような美しさであり、見どころは、この龍心地と紅葉のライトアップ、そして寺内で最も大きな建物である宸殿と庭園の青いライトアップ。

嵐山花灯路

嵐山花灯路 紅葉 ライトアップ

京都の冬の風物詩となった「花灯路」。

2005年12月からは嵯峨・嵐山地域でも実施するようになり、時期的には紅葉シーズンは終わりを迎えているが、ピックアップしておきたい場所。

上の画像は、野宮神社から大河内山荘庭園に至る「竹林の小径」。

ライトアップされると、とても幻想的である。

圓徳院

圓徳院 紅葉 ライトアップ

高台寺の塔頭で、高台寺とあわせて拝観することができ、ライトアップされた紅葉が鮮やかな庭の絶景を眺めることができる。

醍醐寺

醍醐寺 紅葉 ライトアップ

イチョウ、イロハモミジ、カエデなどの葉が美しく色づく醍醐寺。

池畔に建つ朱塗りの弁天堂付近の紅葉は特に美しい。

こちらは個人で行く場合、当日でも大丈夫だが、事前申請が必要なのでその点をご注意を。

宝泉院

宝泉院 紅葉 ライトアップ

勝林院塔頭。

書院廊下の血天井は、伏見城落城の悲劇を伝える遺物として残され、客殿から眺める庭園は「額縁庭園」としても有名。

秋の行楽シーズンは、鮮やかな紅葉と竹林のコントラストが絵になる。

宝厳院

宝厳院 紅葉 ライトアップ

天龍寺の塔頭寺院のひとつ。

秋の夜間特別拝観で、嵐山借景、回遊式山水庭園「獅子吼の庭」と本堂襖絵「風河燦燦三三自在」が公開されている。

楽天ランキング「紅葉」トップ5


関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る