ゴーヤチャンプル人気レシピ。苦くない作り方。

ゴーヤ


おいしいゴーヤチャンプルーを作るには?

ゴーヤチャンプルーというとゴーヤのチャンプルー・・・

そう、炒め物の事ですね。

きっとご存知の方の方が多いと思います。

しかしゴーヤチャンプルーを作っても水っぽくなったり、 苦味が際立ってしまったり失敗例もネットなどの相談でもよく見られます。

ゴーヤチャンプルーに限らず、炒め物というものは お店の味とはかけ離れてしまうことも多いようです。

今回はどのようにしておいしいレシピに近づけるのかについて考えていきたいと思います。

失敗例で多いのは

水っぽくなる

これは炒め物の失敗例で一番多い例だと思います。

水っぽくなるため、全体的にぼんやりした味になってしまい、 食感もシャキシャキした物は全てベチャっとした 味になってしまうという経験は多くの方がされていると思います。

原因は

原因としては炒めるのに時間がかかってしまった という事が一番の原因のようにも思います。

炒めるのに時間がかかるという事は、野菜などから水分が出て 水っぽくなるということだと思いますので、この点を注意して 行けばおいしいチャンプルーを食べる日も近いという事です。

ゴーヤが苦く食べられない

ゴーヤの苦味自体がおいしさになっている場合もありますので、 それはそれでいい場合もありますが、食べられないという事では 調理をした意味が無くなってしまいます。

原因というよりこの場合は苦味を抑える方法ですね。 これにはいくつかの方法があります。

  • 薄く切る
  • 薄く切ったゴーヤを湯通しする
  • 薄く切ったゴーヤに塩をふり、塩もみしてあくを抜く
  • 薄く切ったゴーヤを多めの油で炒める

などがあります。

私は薄く切ったゴーヤを塩もみする方法をしていますが、 アクの中には栄養成分も多く出ていってしまう気がして、いつも悩んでいます。

ではどのようにしていけば、 おいしいチャンプルができるのでしょうか?

私の仕方としては材料全てをそれぞれ炒めるという方法が最適だと思います。

ここでいう材料とは

  • ゴーヤ(薄く切る)
  • 豆腐(水切りをする)
  • 玉ねぎ(薄く切る)

などです。

  ゴーヤ

これらをそれぞれあらかじめ炒めておく方法をとることで それぞれの味わいが際立ち、最後にまとめて調味する為に バランスがとることのできる味わいになっていきます。

ポイントは

ポイントとしては、それぞれ炒める際に塩を振って炒めてください。

これで下味になります。

そしてその後でフライパンに油を入れて、豚肉(なんでもいいですが、夏場に は肩ロースの薄切りがいいかと思います。不足しがちなビタミンB1が摂取で きるのでおすすめです)を炒めて、その後であらかじめ炒めておいたゴーヤ、 豆腐、玉ねぎを投入します。

全体が混ぜ合わさったら溶き卵を投入して、最後に大さじ1くらいの 醤油を鍋肌に落としながらひと混ぜしたら卵にもちょうどよく火が入り出来上がりです。

あれば鰹節を上にたっぷりとかけておくと味わいに変化と ダシがついておいしくなりますよ。

味が薄い場合は適宜醤油などを軽くかけてお召し上がりになってください。

この夏は夏バテ知らずの体を保ちたいものですね。

楽天ランキング「ゴーヤ」トップ5


関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る