食欲の秋には宮城名物はらこ飯!茶飯が好きな人には超おすすめ!

はらこ飯


はらこ飯とな何か?

宮城県亘理町の名物である“はらこ飯”!

はらこ飯

あまりご存じでない方もいるかと思うのでその中身をまずは紹介!

炊いたご飯の上に、旬の鮭とイクラ(腹子)を乗せた宮城県亘郡亘理町の郷土料理なのです。

かつての伊達政宗公が阿武隈川修繕の視察に訪れた時に、荒浜漁民から、はらこ飯が献上され、それから400年の伝統と伝えられています。

煮汁で炊いたご飯に、鮭とイクラを和えたもので、宮城出身の筆者の友人もめっちゃ美味いと太鼓判を押しているほど。

好評につき売切れです

鮭のうまみがふんだんに溶け込んだ炊き込みご飯

はらこ飯のご飯は本場亘理町式の醤油ベースの炊き込みご飯です!

地元宮城県産の「ひとめぼれ」を使用し、鮭のダシや旨みが溶け込んだ煮汁と醤油・みりん・砂糖を入れて炊いています。

一口頬張れば鮭のダシの旨みと醤油の香ばしい香りが口いっぱいに広がる絶品のご飯!

鮭の旨みがしみ込んだ炊き込みご飯だけでもどんどん箸が進む美味しさなんですが、はらこ飯の主役はなんといってもイクラ!見てるだけでも食べたくなってしまうのです。

はらこ飯

イクラは醤油に漬けるのがミソ

はらこ飯と言えばもちろん鮭とイクラ。そのイクラはシロザケから取れる腹子を使用しています。

市場から仕入れた新鮮なシロザケを店頭で捌き、丁寧に下処理した後、仙臺魚河岸特製の醤油ダレにじ~っくり漬け込みます。

こうすることでイクラの臭みを取り除くと同時に、イクラ本来の旨味を引き出します。

醤油ダレの旨みをたっぷり含み、プチっと食感のいいイクラの醤油漬けが完成するのです!

茶飯が好きな人には超おすすめ!

本場亘理町方式の炊き込みご飯、特製醤油ダレに漬け込んだイクラと2つのこだわりに加えて、北海道・三陸・地元宮城のその時期最も美味しい旬のシロザケの鮭の身が合わさって、はらこ飯が完成します!

プチっと食感の良いイクラの甘みと旨みと丁度いい塩加減、シロザケの身のホクっとした柔らかさ、何杯でも食べられちゃう炊き込みご飯のダシの旨みと香ばしさが合わさった絶品のはらこ飯!
杜の市場イチオシの本場のはらこ飯の味をぜひ、ご堪能ください!

※かっこんで食べると鮭の骨が刺さるので注意してください(笑)

出展:http://morinoichiba.com/

楽天ランキング「イクラ」トップ5


関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る