ノーベル街道で出世しちゃうかも?!紅葉温泉のおすすめスポット!

ノーベル街道


ノーベル街道

梶田さんの受賞決定を機により益々「ノーベル街道」が話題になっています。

国道41号の富山市から岐阜県高山市までの約90キロは、今年のノーベル物理学賞に決まった東大宇宙線研究所長の梶田隆章さんが富山市に自宅を構えるほか、受賞者4人とゆかりがあるそうです。

富山市と高山市間は、古くから富山湾で獲れるブリを長野県や岐阜県に運ぶ道であったことから「ブリ街道」と呼ばれ、現在も地域の暮らしを支える道路となっています。

平成14年に小柴さんと田中さんが栄誉あるノーベル賞を受賞され話題となりましたが、このお2人を含め日本に12人しかいないノーベル賞受賞者のうち4人がこの「ブリ街道」の通る地域にゆかりのある方であることが分かり、「ノーベル街道」とも呼ばれ、地域が一体となって観光整備が進められています。

ノーベル街道にまつわる受賞者

 平成27年 ノーベル物理学賞 梶田 隆章さん
 平成14年 ノーベル化学賞 田中 耕一さん
 平成14年 ノーベル物理学賞 小柴 昌俊さん
 平成12年 ノーベル化学賞 白川 英樹さん
 昭和62年 ノーベル医学・生理学賞 利根川 進さん

ノーベル賞受賞者にまつわる場所

ノーベル街道

梶田さんが素粒子ニュートリノの質量を確認した観測装置スーパーカミオカンデがある岐阜県飛騨市神岡町です。

道の駅「スカイドーム神岡」には装置の模型を展示しています。

受賞決定後、記帳台も設けており、普段より来客があり、県外ナンバーも多いそうです。

梶田さんの行きつけとされる富山市の温泉施設には、受賞を祝う垂れ幕が掲げられるなど、街道沿いは祝賀ムードに包まれています。

富山市はノーベル化学賞の田中耕一さんの出身地で、ノーベル生理学・医学賞の利根川進さんが小中学校時代を過ごした所です。

南に下った飛騨市では、梶田さんの師である小柴昌俊さんが研究していました。

ノーベル化学賞の白川英樹さんは小学校から高校までを高山市で過ごしたそうです。

紅葉スポット

宇津江四十八滝(岐阜県高山市)

県立自然公園宇津江四十八滝(けんりつしぜんこうえんうつえしじゅうはったき)は、約1時間、自分のペースで滝と紅葉との会話を楽しみ、展望台の眼下に広がる紅葉とそれに連なる北アルプスは必見です。

ノーベル街道

レストハウス「しぶき」発~しぶき渓谷~魚返滝~朝霧滝~平滝~あさもや渓谷・函滝(はこ)までゆっくり歩いて20分くらいです。

恋愛成就にご利益があると言われる不動明王様に願掛けをし、上段滝~ゆうもや渓谷~梵音滝~王滝(落差18mは当滝群で一番)まで約20分です。

銚子口滝~障泥滝~展望台までが約20分で、必見の眼下から北アルプスへ連なる山飛騨が織りなす景色を堪能してください。

そこから、わん水滝~瑠璃滝~上平滝~四十八滝高原まで約30分です。

帰りは登りと同じコースを下り、スタートのレストハウス「しぶき」到着です。

休憩した後は、天然温泉四十八滝温泉しぶきの湯「遊湯館」でゆっくりと疲れを癒してくれます。

飛騨の里(岐阜県高山市)

飛騨の里(ひだのさと)は、古民家を見学しながら散策するのがおすすめです。

ノーベル街道

合掌造りなど飛騨地方の特色ある古民家が移築復元され、昔の農山村の暮らしや季節の伝統行事を再現しています。

色付いたモミジやカエデと古民家とのコラボレーションが美しいです。

紅葉散策の後は、わら細工やさしこなどの日替わり実演や、体験も楽しめます。

出典:sankei.com、rurubu.com

楽天ランキング 出世魚 トップ5


関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る