さつまいもは「あく抜き」が大事!

さつまいも


秋めいてきました。

食欲の秋」の言葉にあるとおり、スーパーや商店では旬の食材が次々と売られるようになり、通りがかるだけでも目移りしてしまいそうです。

秋が旬な食材といえば、野菜・魚・果物など多々ありますが、その中でもこの記事では、「さつまいも」に注目してみたいと思います。

秋から冬にかけて旬の「さつまいも」

さつまいもは、秋〜冬にかけて馴染みが深い食べ物ですね。

今ではあまり見かけなくなりましたが、住宅街を石焼き芋屋さんが通りがかると、ついつい買いたくなってしまうものです。

そのように、さつまいもは石焼き芋のほか、ふかし芋、天ぷら、汁物など、様々な使い方ができ、どのように調理してもほくほくとおいしいできあがりになる、秋には欠かせない食材といえるでしょう。

さつまいもの調理

しかし、さつまいもにも泣き所はあります。

それは、調理しているときの「あく」です。

「あく」が出ると、味に苦味や渋みが出てしまう他、見た目も良くなく、他の食材へもあくの味が移ってしまうなど、良いことがありません。

さつまいもやそれをつかった料理をおいしく食べるには、この「あく」の処理が要と言っても過言ではないでしょう。

では、上手にさつまいものあく抜きをするにはどうしたらよいでしょうか。

さつまいもの「あく」

特に「あく」が発生しやすい調理方法としては、煮込みや茹でる行程になります。

このとき、下準備をしっかりとすることで、あくの発生をおさえます。

手順としては、まずさつまいもの皮をむきます。

そうして茹でたり煮込む前に、15分ほど水につけておく、これが最も簡単な方法です。

茹でるときに酢を加えると、あくの発生を抑える効果がありますが、味が変わってしまうので、これは使えるシーンで使うとよいでしょう。

手間を惜しまないのであれば、一度あく抜きの行程だけを先に行って、それから調理に入るという方法もあります。

上手にあくぬきができれば、丁寧な味付けができます。

調味料の味も良く出ますので、さつまいもを調理する際の参考にしてくださいね。

楽天ランキング「さつまいも」トップ5


関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る