結婚式のお祝い金、ずばり相場は!?

ご祝儀


結婚式は、人生においても大きなイベントの一つですよね。

ある程度の年齢になれば、友人、趣味などでの仲間、そして職場の同僚や先輩、そして後輩と、周囲が結婚していくという状況になるでしょう。

結婚式に参加すること自体は、招待を受けて身なりを整え、当日来場するだけで良いのですが、普通は、結婚式にはお祝い金を持参するものです。

しかしこのお祝い金、なかなかに人を悩ませるものでもあります。

それは、「一体結婚式の御祝い金とはいくらが妥当なのか!?」という点です。

結婚式に参加したことが何度かあれば、徐々にわかってきますが、まだあまり経験がないうちは、色々な人に聞いたりして、その人によって考え方が違ったりと、非常に悩む場面に陥ることも少なくありません。

この記事では、統一的な金額ではないにしても、ある程度の目安となるような考え方をご紹介したいと思います。

ご祝儀の相場とは?

まず、結婚式のお祝い金の金額を決める指標としては、「結婚する人との関係性」と、「年齢」である程度判断できるということを先に述べておきます。

まず、結婚する方との関係性、これは言うまでもなく、その方との間柄が近ければ近いほど、金額は上がっていくとお考えください。

ただし、「仲の良さ」ではなく、「関係性」です。

たとえば職場の同僚と親戚とでは明らかに金額の差がでます。

また年齢が上がれば(所得も増えることから)金額は上がります。

関係性の高さとしては、「兄弟姉妹」がもっとも高く、「叔父や叔母」、「いとこ」、「その他親戚」、「上司」「同僚」「部下」「取引先」「友人」の順番が一般的です。

もっともケースとして多いであろう、「友人」の結婚式は、年齢にかかわらず、3万円前後が相場です。

取引先、部下、同僚、上司の層まで、大きな金額の差は見られません。

いとこ〜兄弟までは、概ね4万〜6万円前後に収まることが多いです。

このあたりは、他の参加者などと歩調を合わせるのもよいでしょう。

というのも、お祝いは多く包めばよいというものではありません

(目上の方やより近い間柄の方よりも多くの金額を包んでしまうことは、逆に失礼にあたります。)

まとめ

こうしたマナーは、社会人としてときに厳しく見られます。

ルールとその趣旨を理解し、失敗しないお祝いを送りたいところです。

楽天ランキング「結婚式」トップ5










関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る