結婚式を欠席した場合のお祝い金は?

ご祝儀


ある程度の年齢になれば、結婚式への招待を受けることも増えてくるでしょう。

たとえば友人や、親戚。

職場の同僚や先輩後輩など、結婚式に呼ばれるケースというのは多々あります。

前々から結婚式の日程を知らされていた場合には、やはり「せっかくの招待を受けているのだから」よほどの事情がないかぎり、招待を受け取ったら迷わず出席するべきでしょう。

しかしながら、招待する側にも事情があれば、招待される側にだって都合があるのはやむを得ないでしょう。

たとえばどうしても抜けられない仕事があるとか、ひどく体調を崩してしまったとか、身内の不幸と重なってしまったとか、「結婚式に参加できない」というケースもまた、そこまで珍しいものでもありません。

このように結婚式に参加できなくなってしまった場合、お祝い金はどうしたらよいのでしょうか?

お祝い金のマナー

式に参加していないのだから、お祝い金だって必要ないだろう」と考える方もいらっしゃるかもしれませんが、相手は出席してもらえるものとして準備を進めていますから、そう簡単にはいかないのが実情でしょう。

では金額はどうするのか?というと、これはケースによって異なります。

まず、招待のお手紙をもらった時点で「欠席」の連絡をしていた場合。

これは、一般的なお祝い金額の3分の1から2分の1程度の金額を贈ってあげるのがよいでしょう。

出席できないことを気に病んでいるのであれば、品物を贈ってあげるというのもひとつの選択肢です。

しかし、結婚式は一方だけが呼ばれるわけではありません。

以前に、自分の結婚式に参加してくれ、お祝いをくれていた相手であるのなら、事情は変わってきます。

その場合には、やはり同額程度のお祝いを送ってあげるのがマナーというものでしょう。

まとめ

このように、「出席しないからといってお祝い金が必要ないというわけではない」ということを十分に理解しておくことで、思わぬところでのマナー違反が少なくなります。

社会人としてのルールやマナーはこういったところで現れますので、注意したいですね。

楽天ランキング「結婚式」トップ5










関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る