今週の金曜ロードショーは思い出のマーニー!有村架純、松嶋菜々子など豪華声優陣が登場!

思い出のマーニー


金曜ロードショー『思い出のマーニー』

先週の2日(金)につづき9日(金)は、”思い出のマーニー”、ジブリ作品が連続で放送されます。

思い出のマーニーは、イギリス人作家、ジョーン・G・ロビンソンによる児童文学を、スタジオジブリが舞台を北海道に移してアニメ映画化したファンタジーです。

ジブリ作品史上初のダブルヒロインで、女優の高月彩良と有村架純が声優として出演(2人がアニメ作品に出演するのも初)。

今回もあらすじと声優陣のご紹介。

思い出のマーニーあらすじ

杏奈は、両親と血の繋がりがなく、「もらわれっ子」であることに悩んでいた。

周囲と上手く溶け込むことができず、両親との関係性もよくなく、療養地で持病の気管支喘息の静養を行うこととなった。

療養地で、杏奈はマーニーという少女に出会う。マーニーは、古びで無人となったはずの“湿っ地屋敷”に住んでおり、杏奈は彼女と不思議な体験をする。

杏奈は、マーニーや屋敷に、不思議な既視感や親しみを感じていた。

杏奈は、マーニーの友人だったという久子にマーニーの過去を聞く。

さらには、杏奈が児童保護施設に引き取られる際に持っていたという写真に、マーニーの署名があったことから、杏奈はマーニーの孫であることが判明する。

マーニーは、亡くなった両親代わりに、自身が病死するまで安奈を育てていたのだった。

杏奈は、マーニーの思い出話を聞いていたため、屋敷で既視感や親しみを感じていたのだった。

マーニーとの関係性を知り、杏奈は母・頼子と親子としての繋がりを感じることができるようになったのだった。

豪華声優陣

杏奈(CV:高月彩良 1997年8月10日生まれ)

マーニー(CV:有村架純 1993年2月13日生まれ)

頼子(よりこ)(CV:松嶋菜々子 1973年10月13日生まれ)

大岩清正(おおいわ きよまさ)(CV:寺島 進 1963年11月12日生まれ)

大岩セツ(おおいわ せつ)(CV:根岸季衣 1954年2月3日生まれ)

老婦人(ろうふじん)(CV:森山良子 1948年1月18日生まれ)

ばあや(CV:吉行和子 1935年8月9日生まれ)

久子(ひさこ)(CV:黒木 瞳 1960年10月5日生まれ)

本当にあった出来事なのか?

アンナがマーニーとともに体験した出来事は、かつての少女だったマーニーが実際に体験したことに間違いないでしょう。

しかし…じつは原作では、作中の「アンナが花売りとしてパーティーに参加したこと」が本当はなかったこととして語られています。

シーラベンダーは花粉が飛ぶから、家に入れることを許可されなかったのです。

映画では、この花売りのエピソードも本当にあったこととして語られていました(アンナの役目をしたはずの女の子は、顔が見えなくなっていました)。

これは、少女時代のマーニーがもう少し幸せであってほしいという、製作者の希望なのでしょう。

ちなみに、マーニーが幼なじみの男の子(カズヒコ)とダンスをする場面は原作にもありますが、アンナが「ずいぶんと仲がいいのね」と明らかにマーニーに嫉妬するシーンは映画オリジナルです。おかげでより百合っぽくなっています。

また、パーティでは、アンナはたくさんの大人からお金をあげようとされていていました。

これはアンナが嫌っていた「養女としてお金を受け取ること」とリンクしている出来事なので、アンナにとってはいいこととは思えなかったのが真実なのでしょう。

 出展:1wordworld.blog26.fc2.com、kagehinata64.blog71.fc2.com

楽天ランキング「思い出のマーニー」トップ5



2
思い出のマーニー
レビュー(0)
4,416円


3
[DVD] 思い出のマーニー
レビュー(1)
3,833円




5

関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る