ニットのお直しはやっぱり専門の方に?

ニットお直し


少しでも長く洋服を着たい。。。

洋服を買うときには、値段やデザイン、着合わせ、素材…と、色々なことをじっくりと考えて買うでしょう。

そうすると、「今とりあえず着られればいい」と考えるシーンのほうがむしろ少なく、「買ったからには長く、綺麗に使いたい」という考えが当然あるはずです。

ですからお手入れや収納にも気を使ったり、ケアやメンテナンスにも気を配るようになるでしょう。

時間と共に進む劣化は避けられません

しかし、どれだけ大事に着ていても、メンテナンスに気を配っていたとしても、やはりそこはモノですから、歳月を重ねれば劣化していくことは避けられません。

とくに、生地そのものが痛むというよりは、たとえば縫い目であったり、ファスナー部分であったりなど、生地を繋ぎ合わせている部分から劣化していくケースが多いものです。

劣化のリスクはほかにもあります。

たとえば、洋服を収納していて、非常に衝撃を受けてしまうのが「虫食い」です。

これは繊維がほつれるとか敗れるといったものではなく、そのまま空白になってしまうため、手直しといってもなかなか難しい部類に入ります。

自分の手で直すことができれば、費用も安く済みます。

しかし、損傷の具合がひどい場合には、手直しを失敗してしまう可能性が出てきてしまいますし、手直しにかかる時間も大きくなります。

また、虫食いなどの場合にはパッチを当てて直す形になりますが、これも出来栄えが理想通りとなるか、不安が残りますよね。

これらのことを考えると、やはり修理専門の方にお願いするのがいいのではないかな、とお勧めしておきます。

修理専門のお店では、やはりそれを専門にしているわけですから、出来上がりのクオリティも高いでしょうし、直し方のパターンもいくつかの中から選択できるようなお店もあるかもしれません。

また、だめになってしまったアイテムを作り直して、別のアイテムを創り出してくれたりと、ある意味で理想的なリサイクルを体験できる場合もあります。

諦めて捨ててしまう前に、一度ご相談してみるのも良いかもしれませんね。

楽天ランキング「ニット」トップ5


関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る