スキー初心者におすすめの持ち物リスト公開!!

スキー


スキーに行くには、どんなものを持っていけばいいのでしょうか?

スキーに行き慣れている方であればなんとなくイメージがつくでしょうが、初めていく方にはなかなか想像がつきにくいですよね?

スキー初心者におすすめの持ち物リスト

スキーはウェアと板があればできるのか?と思いがちですが、そういうわけでもありません。

  • スキー板
  • スキー靴
  • ウェア
  • 手袋
  • 帽子
  • ゴーグル

これらは必須アイテムになります。

手袋はスキー用グローブにしておこう

たまに、手袋は軍手でいいや!と考える方がいますが、避けた方が良いです。

軍手は水を通す上、通気性がいいので、濡れたり気温が下がってくると、全く防寒の役目を果たさなくなります。

手先の冷えは身体全体の冷えを招きますので、撥水加工のしてあるスキー用の手袋を持っていくことが望ましいです。

また、長時間滑るのであれば間違いなく濡れてきますし、寒い雪山で短時間に乾かすのは困難ですから、予備の手袋や帽子を持っていくことは重要といえるでしょう。

以外に大事「ゴーグル」

初心者が軽視しやすいものとしてゴーグルがあります。

これは雪が降ってきたときに視界を守るのに非常に重要です。

滑走中に目に当たる雪というのは、平常時のそれに比べて段違いに痛いですし、視界を遮られます。

コースを見失ったり、転倒・衝突の危険を避けるためにも、ゴーグルは必需品と言えるでしょう。

怪我を防ぐプロテクター

また、初心者という自覚があるのであれば、膝や肘のサポーターを付けていくのもよいですね。

転倒したときによく痛めるのが関節部分ですので、この怪我を避ける意味でも、サポーターをつけておくと安心です。

また、保温効果のあるものをつけておけば、さらに安心でしょう。

着るものにも気を使います。

温かいもの、というのは大前提ですが、着こみすぎて動きづらくなっては本末転倒です。

保温性があり、なおかつ薄く軽量なものを着ていくのがいいでしょう。

保温性を高めるグッズ

また、マフラーやネックウォーマーは、首元からの風の侵入を防いで体温の減少を防ぐことができるので、これもおすすめです。

準備万端の状態で臨めば、ウィンタースポーツも十分に楽しむことができます。

ゲレンデに到着してから「あれを持って来ればよかった!」という後悔のないよう、しっかりと準備して出かけたいものですね。

楽天ランキング「スキー」トップ5


関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る