スキー初心者の安全な滑り方とは転び方に注意することです

スキー初心者


白く輝くゲレンデや、滑走しているときの風を感じる楽しさ…

ウィンタースポーツには、様々な楽しさがあります。

一方で、怪我の心配があったり、「難しそう」「初心者にはできなさそう」というイメージも伴いがちなのがウィンタースポーツです。

確かに、スキーを上手に滑るようになるには、それなりの練習量が必要になりますし、初心者がいきなりゲレンデに出て、すいすいと快適に滑走ができるかといえば、その答えはNoです。

楽しいウインタースポーツ

初心者のうちは、安全に、滑り方の基礎、つまりコツを学ぶことが重要です。

とはいえ、実のところ重要なのは、滑り方よりもむしろ、「転び方」にあります。

上達の近道は「転び方」にある

滑ること自体は、板を履いて立っていればある程度は滑ることができますが、止まる/転ぶというときに、初心者は危険な方法をとってしまいがちなのです。

ではどのように滑り、どのように転べばいいのか?という点です。

山側に向かって転ぶ

転び方の基本は、斜面の「山側に向かって転ぶ」です。

その理由は、斜面の谷側に向かって転ぶと、そのまま勢いがついて止まらなくなってしまったり、身体が回転してしまったりするためです。

こうなってしまうと、足に付いているスキー板が斜面の雪に突き刺さってしまい、足や膝を捻挫したり、骨折したりといった怪我をすることになります。

身体を横に倒して転ぶ

また、このことと関わりますが、転ぶときは必ず「身体を横に倒して転ぶ」ことが基本です。

これも理由は似通っていて、後ろ向きや前向き、つまり縦に転んでしまうと、スキーの勢いに対して骨や身体が真正面から衝撃を受けてしまうため、怪我をする確率が上がってしまうのです。

転びそうになったときに、ストックでバランスを保とうとするのも、あまりよくありません。

ストック単体でバランスを保っても、身体自体のバランスが崩れてしまっていると、身体を支えきれないばかりか、それが原因で手首を捻挫したり、思わぬ怪我を負ってしまう可能性があります。

まとめ

きちんとした転び方をマスターすれば、スキー上達への道はそう遠くありません。

ぜひ、まずは上手に滑ることよりも、上手に転ぶことを意識してみて下さいね。

楽天ランキング「スキー」トップ5


関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る