デートで行きたい工場夜景!クルージングも楽しめる!【川崎編】

工場夜景


プロが選ぶ工場夜景スポット5選

クルージングツアーが組まれたり、写真展が開催されたりと、いまなお根強い人気の「工場夜景」。

今回は、夜景写真家で新日本三大夜景・夜景100選事務局の代表も務める縄手真人さんが、幻想的な空間を体験できる川崎エリアの工場夜景スポット5選をご紹介!

魅惑の光と白煙の異世界を眺めて、いつもとは一味違ったデートを楽しんでみては。

川崎工場夜景の定番スポット。鉄道×製油プラント「千鳥町」

週末ともなれば、工場夜景ファンで賑わいをみせる「千鳥町」。

人気の理由は、神奈川臨海鉄道の線路と、製油プラントのコラボレーションを間近で楽しめること。

周辺には、無数の配管が入り組む姿が美しいプラント群が建ち並び、まるで異世界に迷い込んだような気分が味わえる。

このエリアは暗闇も少ないため、二人で初めて工場夜景を楽しむのであれば、まずは「千鳥町」がおすすめだ。

※線路内は立ち入り禁止です。

千鳥町

千鳥町

住所:川崎市川崎区千鳥町

アクセス:JR川崎駅より市営バスにて「市営埠頭」下車、または車でのアクセスをおすすめします。

ドライブデートの帰りに。車窓からも鑑賞できる「千鳥運河前」

数ある工場夜景のなかでも「千鳥運河前」は、車窓から夜景鑑賞できる貴重なスポット。

千鳥町の北側の端には車を安全に停車させられるスペースがあり、対岸にステンレスメーカーを中心とした工場群が望める。

運河が輝きを魅せる夕暮れ時もなかなかの美しさ。

また、車外に出ればフレアスタック(余分なガスを燃やす炎)とともに、凄まじい轟音が聞こえてくることも。

工場夜景ならではの迫力ある音も楽しんで欲しい

千鳥運河

千鳥運河前

住所:川崎市川崎区千鳥

アクセス:JR川崎駅より市営バスにて「日本触媒前」下車、または車でのアクセスをおすすめします。

富士山と工場夜景を一緒に楽しめる、穴場スポット「川崎マリエン」

ひっそりとした東扇島でひときわ目立つ、「川崎マリエン」。

地上51mの展望台は入館無料でありながら、羽田方面から横浜ランドマークタワーまでパノラマ景色を楽しめる穴場スポット。

眼下には夕暮れとともに光り出す、物流センターを中心とした明るい色の工場夜景、離発着する飛行機、さらに空気が澄んでいれば東京タワーや富士山のシルエットを確認できることも。

メジャーな展望台に比べて人混みも少ないため、仕事帰りやドライブデートの帰りにふらりと立ち寄るスポットとしてもおすすめ。

川崎マリエン

川崎マリエン

住所:川崎市川崎区東扇島38-1

アクセス:JR川崎駅から市営バス「川崎マリエン前」下車

利用時間:9:00~21:00まで(入場は20:30まで)

入場料:無料

川崎工場スポットで最もディープなエリア「扇町」

JR鶴見線の終点「扇町駅」から徒歩3分のところにある、ディープな工場夜景エリア。

メタリックなガスタンク、無数のパイプが入り組み合う様子を至近距離で眺めていると、まるでSF映画のワンシーンに入り込んだような気分に。

他のスポットに比べて少々薄暗いエリアでもあるので初デートにはおすすめしないが、工場勤務の方々がいるため安全面は確保されている。マニアックな雰囲気を味わいたい二人は訪れてみては?

なお、電車の本数は1時間に1~2本程度と少ないので、電車を利用される方はご注意を。

扇町

扇町

住所:川崎市川崎区扇町

最寄り駅:扇町

猫と工場夜景。どちらも好きなら必ず訪れたい「ちどり公園」

木々に囲まれた緑豊かな臨海公園「ちどり公園」の駐車場に入るときは細心の注意を。

なぜなら、駐車場で猫が遊んでいるかもしれない。

そう、ここは猫と夜景を同時に楽しめる公園である。

猫を眺めながら、遊歩道沿いに歩いてゆけば展望台に到着。遠目にはなるが、京浜運河越しに火力発電所などの夜景を楽しめる。

展望台は明るい照明が点灯しており、ベンチも用意され、開けた雰囲気。

デートスポットとしても魅力的な公園である。

ちどり公園

ちどり公園

住所:神奈川県川崎市川崎区千鳥町6

アクセス:JR川崎駅から市営バス「東電前」下車、または車でのアクセスをおすすめします。

バスや船で工場夜景楽しむなら

川崎工場夜景バスツアー

はとバスが主催する、川崎臨海部の工場夜景の見どころを巡るバスツアー。

人気の夜景スポットはもちろん、普段は入ることができない「川崎臨港倉庫」屋上からの夜景鑑賞も。

期間:毎週土曜日16:20~21:30

集合場所:東京駅丸の内南口

バスツアー

川崎工場夜景屋形船クルーズ

屋形船に乗って海側からの工場夜景を楽しめる「屋形船クルーズ」。

潮風に吹かれながらゆったりと夜景を眺め、食事(持ち込み)も楽しむことができる。

期間:毎月第2・第4土曜日 9月 18:00~21:00、10月 17:00~20:00

集合場所:川崎駅前

クルーズ

文・写真提供:縄手 真人さん

nawate

縄手 真人(夜景写真家、夜景フォトグラファー)
夜景倶楽部代表、新日本三大夜景・夜景100選事務局代表。国内外、約2,000ヶ所の夜景スポットを取材。テレビ・雑誌など多方面で活躍。講演会、写真提供などを行う。ウェブサイト「こよなく夜景を愛する人へ」、「夜景ワールド」運営。

http://yakei.jp/

https://twitter.com/yakei

https://www.facebook.com/yakeijp

出展:レッツエンジョイ東京

楽天ランキング「夜景」トップ5

 

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る