にんにん体操動画で骨盤のゆがみと肩こり解消!

ニンニン体操


にんにん体操とは

胸の前で両手の指を次々と組み替える精神統一法「九字法」、手を刀に見立てて指で空を切る「刀印」、壁を伝って走る忍法「横走り」やバランスを保つ忍者のポーズなど、忍者の動きと精神を取り入れています。
「いつでも、どこでも、誰でもできる元気の出る楽しい体操」として、子どもから高齢者まで幅広い年代に親しまれています。

ぽっこりお腹の原因は骨盤のゆがみ

骨盤は下肢と上肢をつなぐいわば重要な場所です。
骨格や筋肉がここを中心に縦方向に走るいわゆる分岐点ですが、重力の影響でぜい肉が集まってきてしまいます。
腕を真上にあげ、つま先立ちになってみてグラグラするようなら骨盤がゆがんでいる証拠ですよ。

ゆがんでいる骨盤付近にはぜい肉がまとわりつくので、これを正常な状態に戻してあげることで、たるんだぜい肉が正常な位置に持ちあがり、ウエスト周りにくびれが出てきます。

間違ったストレッチでは”くびれ”ない

腰をやたらと回したり、前屈したりと無駄なストレッチを繰り返していませんか?
筋肉は筋繊維という縦繊維の集合体です。
横に動かしても腰を回してもあまり効果はなく、重要なのはウエスト周りの筋肉を伸ばし、ねじって絞り上げること。
斜め45度に伸ばして絞り上げるのがとても重要です。

実践ストレッチ

骨盤バランスを整える”にんにん体操”

1.両足のかかとを合わせ、つま先を90度に開く
2.左手の人さし指を右手で握り忍術のポーズを作る
3.鼻から息を吸いながら、腕を真上に上げて握った人さし指をねじりつつ、ゆっくりとつま先立ち。
4.腹部に力を入れて、「ふー」と口で息を吐きながらそのまま5秒間静止(これを5回繰り返す)。

ここがポイント!

これはつま先立ちになることで骨盤を立ててロックし、肩甲骨を寄せることで胸部より下の下がった肉を上部に持ちあげるストレッチです。即効でウエスト周りに変化が現れます。

参考動画

 

 

 

 

 

楽天ランキング「体操」トップ5


関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る