スキーの化粧(メイク)事情を調べてみました。

スキー化粧


ゲレンデでのメイク事情

雪が降る季節が近づいてくると、スキー、スノーボードなどのウィンタースポーツが楽しみになってきますね。

綺麗な雪山で思いっきりスキーやスノーボードを楽しむのは冬の醍醐味とも言えます。

しかし、不安があります。

メイクをする方にとっては、「ゲレンデでメイクって落ちてしまわない?」ということです。

特に初めてスキーをする方にとっては、まったく想像のつかない部分となるでしょう。

メイクは落ちる?

単刀直入に言ってしまいますと、普段通りのメイクであれば、まず間違いなく落ちます。

ゲレンデでは雪が降っていなくても滑っているときに被る雪が顔にかかりますし、寒いと思われがちなウィンタースポーツでも、数十分動けば汗をかくからです。

頼みのウォータープルーフでは?

化粧品もそのあたりが考慮され、最近ではウォータープルーフ(防水)のものが多く出ています。

これで多少であれば、雪を顔にかぶってしまっても、全部落ちてしまうことは防げるでしょう。

しかし、手袋などで顔についた雪を拭ったりしたら、一発でアウトです。ウォータープルーフと言っても、限界があるのです。

ではみんなメイクはどうしてる?

そこで、すでにウィンタースポーツを経験している女性たちはどのようにしているのか?と、生の声を聞いていくと、大多数の方々が、”一応、ウォータープルーフのメイクはするけど、ほとんどメイクしない場合が多い”とのこと。

最低限のメイクに抑え、メイクが落ちてしまっても違和感がないようにしていくとのことです。

メイクをしなくても大丈夫

ゲレンデで滑っている間は、マスクやゴーグルなどであまり顔の全体が人から見られることがないこともその理由の一つとなっているようです。

ただ、滑走中にも持ち歩けるような小さなボディバッグなどに、最低限のメイク道具などは忍ばせていく方が多いようです。

これは、ゲレンデのロッジや、レストランへ入店したときのことを想定しているものでしょう。

マスクやゴーグルを外すシーンでは、化粧室でメイクをしているということですね。

このようにウィンタースポーツとメイクにはなかなかに苦労がありますが、上手にオン/オフを切り替えて楽しみたいところですね。

楽天ランキング「化粧品」トップ5


関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る