お彼岸の熨斗(のし)はどのように書けばいい?知っておきたいマナー

お彼岸


お彼岸の贈り物に熨斗(のし)のマナー

贈り物をするとき、多くの方が頭を悩ませるのが「熨斗(のし)」ですね。

熨斗にはたくさんの種類があり、またそこに何をどのように書いたらいいのか、それぞれの行事ごとに異なるために、この行事のときにはなんて書いたらいいんだ!?

と、贈り物のたびに調べて書いている、そしてそれが手間になっている、という方も多いようです。

正しい熨斗(のし)の書き方とは?

では、年に二回ある「お彼岸」の熨斗にはどのように書いたらいいのでしょうか?

そもそもお彼岸に熨斗を使うのでしょうか?

まず後の問いから答えますと、お彼岸に熨斗を使う場面はあります。

お彼岸の法要を自宅でなく、お寺で行う場合に、お供えものを持っていくときや、お布施としてお渡しするときには熨斗をつけます。

また、知り合いのところへ、お供えものを持って訪問するような場合にも、逆にお彼岸に知り合いから訪問を受け、そのお返しをする場合にも熨斗をつけて贈るのが一般的です。

さて、頭の痛い話になりますが、これらのそれぞれのケースとして、熨斗に記載する表書きは変わってきます。

お寺へのお布施として

お寺へお布施として持っていくような場合には、「粗品」もしくは「」がよいでしょう。

お布施が別に現金で用意されている場合には、熨斗はつけないのが一般的です。

知り合いへ

知り合いへお供えとして持参する場合には、「御供」、忌明け前なら「御霊前」後なら「御仏前」となります。

お供え物のお返しに

お供えをいただいた方へのお返しということになれば、「彼岸供養」「粗供養」「」「粗品」などが一般的です。

なお、水引は「二度とあってほしくない」という意味から、「結び切り」を選びます。

こういった儀礼的なものは、贈答の際のマナーとして厳しくチェックされる場合もありますから、しっかりと調べて間違いのないようにしたいですね。

楽天ランキング「お彼岸」トップ5


関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る