お彼岸のお布施のマナー。袋にはなんて書けばいい?

お布施


お彼岸のお布施に関わるマナーとは

お彼岸は、年に二回、春と秋にご先祖様を供養するための行事です。
この時期には、お彼岸の法要が行われます(彼岸会、ひがんえ、といいます)。
また、同じ時期に、無縁仏となった方々の供養を目的とした「施餓鬼(せがき)」が行われることもあります。

これらの法要行事を行う際には、お坊さんを招いて仏事を執り行います。
お寺に法要をお願いした場合には、お寺に対して、お礼の気持ちとしてお布施を包むのが一般的な慣習とされていますが、ここで悩むのが、どれくらいのお布施をしたらいいのか、また、お布施の袋にはどのように書いたらいいのか?ということです。

お布施の相場とは

金額としては、3000円〜1万円程度の金額というのが目安となるようです。
これらの金額を包んだ奉書紙(なければ封筒)を用意します。

お布施の書き方

お布施を包む際には、葬祭のときとは異なり、薄墨ではなく黒墨で書きます。
表書きする文字は、そのまま「御布施」、または「お布施」と書くのが一般的です。
中袋の裏面、左部分に住所、氏名を書き、右側には金額を記載します。
一般的に封筒に記載するのと同じように、「金○○圓」というように、旧字体を使うのがマナーです。
漢数字も同様ですね。

封筒に記載する場合でも同様ですが、注意点としては郵便番号のプリントがない、無地のものを選ぶよう注意したいところです。
「お布施」「御布施」と書かずに、無地のままで渡しても失礼にはならないという場合もあります。
お寺で行われる法要に参加される場合には、その地域の方々がどのようにしているのか、ほかの檀家に確認してみるというのもよいですね。

お布施を渡す際のマナー

そしてこのように用意した封筒は、そのまま手渡しするのではなく、お盆に載せて渡す、もしくは、袱紗(ふくさ)を使って渡すのが最もよいマナーとされます。

袋の書き方が正しくても、最期まで気を抜かずマナーを守ることで、様式に沿った儀式・法要となることでしょう。
封筒の書き方にもいろいろとルールがあり、行事ごとに異なる慣習がありますから、間違えないように用意したいところですね。

楽天ランキング「お彼岸&お布施」トップ5


関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る