夏休みの宿題に必ずある自由研究、どんな意味があるのでしょうか

自由研究


夏休みに頭を悩ませる自由研究

多くの親御さんは、自分が小学生時代にも自由研究の宿題を経験したことでしょう。

自由研究・・・

さて、何をしたら良いものか、夏休みになると子供より親のほうが悩んでしまうこの宿題。

できるだけ時間がかからず、簡単にできるものはないかと考えるものの、意外とお金がかかってしまう場合もあるようです。

「そもそも、自由研究とは?」

自由研究だから、やってもやらなくても自由なんでしょ?

そんな、自分なりの解釈をしているお母さんもいるようですが、題材を自由に選んで良いという自由です。

昔、昭和20年代頃は教科の1つにもなっていて、児童の個性から生まれる探求活動につき、児童の活動や学習をのばし、深く進めることという説明がされていました。

そういった目的を持った自由研究が、時代とともに少しずつ変化し、長期休業中に課される宿題となったのですね。

「自由研究の現状は?」

夏休みに出されるこの宿題に対して、子供たちは思い思いの研究を行い、まとまった課題に取り組めるとありますが、研究といってもレポートを書いてまとめるような作業が自分の力でできるのは小学校高学年になってからではないでしょうか。

それでも、実際は低学年から高学年を通して工作や、それに近い「ものづくり」を完成させて提出するケースが多いですね。

子供たちにとって苦手な宿題として、読書感想文がありますが、感想文に比べ自由研究は規定やノルマ的なものがないため、適当に済ませる例も少なくありません。

さらに、本当は親が作成したものに子供の名前を書いて提出するケースもあるのです。

これは、低学年でしたら題材選びの段階から親も悩まされ、アドバイスをしたところで子供にはそこから先に進むのが難しく、しまいには夏休みも終わりに近づき時間がなくなるという現状があります。

「世の中便利になりました」

今や、子供より親が苦労する自由研究ですが、時代は進化し、自由研究の題材に困った時はネットで検索するととても親切に教えてくれるサイトがたくさんあります。

それだけでなく、ショッピングサイトや近所のホームセンターでも、自由研究のための工作キットが必要な材料も入って販売されていますね。

考えることに疲れてしまい、こんな便利なキットで自由研究を完成させた経験が「ある、ある」という親子も多いことでしょう。

自由研究のためにネット、本の購入、そして夏休みだけは図書館に足を運ぶ親御さんも多いですね。

「良い評価を得るには」

夏休みが明けると提出された作品は、授業参観や保護者会など、保護者が学校に出向いた時に見てもらえるよう展示されることが多く、特に優秀な作品は市区町村で開催する作品展などに出品される場合がありますね。

工作などの作品でも、ただ名前をつけて提出するより、プラスアルファがあることで先生から良い評価をもらえるのです。

前にも書いたように、自由研究は「探求学習」の意味があります。

作品と一緒に、作成したレポートを提出することで素晴らしい自由研究になります。

・テーマ
・なぜこの作品に決めたか
・方法(工程など)
・始める前に結果を予想してみる
・結果
・まとめ(工夫した点や苦労した点など感想を入れる)

そして、材料、作品制作中、完成など、4~5枚の写真を撮り添付するのも良いでしょう。

やり方次第で立派な自由研究になりますので、子供と協力しながら頑張ってくださいね。

楽天ランキング「自由研究」トップ5


関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る