高校野球!夏の甲子園の日程!

夏の甲子園


甲子園の日程はいつ?どう決まるの?

また、あの燃える暑い夏がやってきました。
そして、高校球児にとっても熱い夏がやってきました。
それは、あの阪神甲子園球場で開催される夏の甲子園が始まるからです。

正式には、「全国高等学校野球選手権大会」といいます。
日本高等学校野球連盟(高野連)と朝日新聞社主催の高校野球の全国大会です。

高校生だけではなく、ほとんどといっていいほど、NHKで放送されるのもあってか、老若男女の楽しみになっています。

私は、その理由の一つに、自分の故郷を重ねあわせます。
他の人も、そうではないでしょうか。

「甲子園の日程」

2015年の夏の甲子園は8月6日から

今年の、「第97回全国高等学校野球選手権大会」は、2015年8月6日から、阪神甲子園球場で開催 されます。

例年ですと、8月9日~11日前後なのですが、今年は8月下旬にU18野球ワールドカップが日本で開催されます。

そのことから甲子園大会の日程も前倒しになって、例年ならある、大会前の甲子園練習も実施されません。

少し可哀そうかもしれませんね。
各地域の予選も6月下旬から開始されます。
その予選も日程に入っているのでは、いや、前年の夏の「全国高等学校野球選手権大会」が終了し、新体制になった時から始まっているのでしょう。

気になる抽選会は?

さて、今年の第97回全国高校野球選手権大会は2015年8月6日から阪神甲子園球場で開催されます。

それに先立ち抽選会が、大阪フェスティバルホールで8月3日(月)16時から執り行われます。

この様子を、テレビで見ていても悲喜こもごも感じます。
今年は、その高等学校野球選手権大会も創設100回を迎え、記念事業も様々な物が用意されています。

まず、始球式を、1957年の第29回全国高等学校選手権大会優勝投手で、通算868本の本塁打というプロ野球新記録を樹立したプロ野球・ソフトバンクの王貞治終身会長(75)が行います。

王氏は、早稲田実業(東京)の1年生から4期連続甲子園に出場しています。

また、同記念事業として1915年の第1回大会に出場した10校の野球部員の一人が当時の復刻版のユニフォームを着用し、開会式で入場行進します。

今から楽しみですね。

夏の甲子園は8月!例外が1回だけあった!?

再び日程に戻りますが、全国高等学校選手権大会といえば、阪神甲子園球場で8月開催と、すぐでますが、1回だけ例外があります。

それは、第1回目です。
8校が出場し名古屋市郊外の八事(やごと)の山本球場で4月1日に開催されました。
優勝は高松商業高等学校です。

その間、太平洋戦争勃発。
昭和17年~21年、5年間の中断があり、昭和22年、第19回が8月中旬の日程で、ようやく取り戻しました。

ちょっとした裏話

最後に、裏話ですが、毎年応援団用のバスが少なくとも50台は使用します。
いざ、出場校が決定した時には、どうするのだろうと思っていました。
そうしたら、バス協会で当番制になっていてバスを確保しているそうです。
地方大会も本大会も日程が決まっているので、予定が立てやすいというわけなのです。
これだけの人間が動くのですから、日程は大事!

関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る