一人暮らしのレイアウトを決める為に押さえたい4つのポイント

86a408c00fe069ba53bb9c0cd85fa904_s

理想とするお部屋があるなら、それにそぐわないアイテムは思い切って処分しちゃいましょう!!

コーディネイトがバラバラならおしゃれな部屋には程遠くなります。

ワンルームで快適に暮らすために押さえておきたいレイアウトの4つのポイント

一人暮らしの定番のお部屋『ワンルーム』 空間の仕切りがないため、お部屋自体は広く感じる間取りです。

ただし、うまくレイアウトを組まないと、不便を感じたり、不快になってしまうことも起きる間取りです。

今回は、ワンルームのレイアウトのポイントに関してご紹介します。

1.『自分が主役』で部屋の配置を考える

レイアウトを考える上で、大切なことは『自分が主役』で部屋の配置を考える ということが大切でしょう。

ついつい、友達や恋人、家族が遊びに来ることを考えてしまい、 色々決めることが遅れてしまいがちですが、ゲストが来る時間より、はるかに多い時間を自分で1人で過ごします。

自分が使いやすいように、自分が快適に過ごせるように『自分本位』で考えましょう。

2.とにかく『物を置かない』

やはりワンルームは狭いです。

そこで有効活用するためには、 とにかく『物を置かない』ということです。

これに尽きます。

モノは増えればどんどん増えていきます。

増えるとまたそれを収納するために大きな収納が必要になり、 悪循環でモノは増えていくのです。

ですから、極力、ネットショッピングやお店に行くことを減らし 物欲を抑えることも大切です。

特にワンルームは、何もない状態で見ると狭い部屋でも広く感じるものなのです。

3.必要最低限の家具を揃える

家具のサイズは非常に大切なので、部屋の大きさをメジャーで測っておき、 家具の店舗で、実際に家具を見るときに参考にして、具体的にイメージしましょう。

ポイントは、実際に店舗でリアルな現物を見て、ネットで購入するというのも コストを抑えて、運搬が楽になるので使ってみてください。

オシャレな部屋にするポイント 極力、おしゃれなお部屋にするためには、カラーを統一する。

4.色み、明度、彩度を近いものにする

テレビ、ベッドの下は 収納できる家具を選ぶ(少しでも空間を有効活用する)。

そして、照明器具にはお金をかけて良い物を選ぶと一気にオシャレ度が上がります。

まとめ

上記ポイントを参考にして、『自分』が快適に過ごせるようなお部屋を考えてみて下さい。

これらのポイントを踏まえると、広いワンルームは有効活用できれば非常に使いやすい間取りです。

物件は部屋数が多くなればなるほど、壁、柱が増えるので、狭くなっていきますが、ワンルームは一番効率よく広く空間を使っているので、自分で必要な箇所を仕切れば快適なとても使いやすい空間になります。

是非、お部屋探しの時もそうですが、ワンルームでもレイアウトを工夫してみて下さい。

楽天ランキング「一人暮らし」トップ5


関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る