ハムスターが一人暮らしのペットに向いている6つの理由

ハムスター

一人暮らしをされている方の中には、ハムスターを飼う方もおられると聞きますので、どうしてハムスターが良いのか紹介したいと思います。

一人暮らしは気楽で楽しいけれど、家に帰っても誰もいないというのは、少し寂しく感じるときもあるでしょう。

そんな寂しさを癒してくれるのがペットです。

しかし、仕事はあるし友達との予定もある、一人暮らしの私でもちゃんと飼えるのかと不安もあるでしょう。

その様な不安をおもちの方でも、きっと一緒に暮らしていける一人暮らしの方にピッタリの「ハムスター」の飼い方をご紹介したいと思います。

ハムスターが一人暮らしのペットに向いている6つの理由

ハムスターはなぜ一人暮らしに向いてるのでしょうか。

何故、ハムスターが一人暮らしに向いているのかというと、いくつかの理由があります。

1.餌やりが簡単

餌用のケースの中に、1日1回、夕方に餌を入れてあげるだけ。

お腹がすいたら自由に食べてくれます。

自分で手作りする必要もないので手間もかからないです。

お水も様子を見ながら何回もあげる必要はなく、専用のお水ケースに入ったお水を、1日1回、夕方に入れ替えてあげるだけで大丈夫!

暑い時期は、お昼にも1回、替えてあげると良いです。

2.手が掛からない

ハムスターはそこまでかまってもらえなくても、ケージの中で遊んでみたり、お昼寝してみたり、それなりに楽しく過ごしてくれているので、忙しいあなたでも大丈夫!

鳴き声も気にならないので、ワンルームなど、隣の人に気を使う一人暮らしでも、迷惑にならないので安心です。

3.スペースをとらない

ハムスターは小さいので、ケージも場所をとりません。

一人暮らしでスペースがあまりとれないという方でも大丈夫です。

4.ケージを置く場所

ハムスターを入れたケージを置く場所は、いい環境を用意してあげましょう。

そのために気をつけたいことがいくつかあります。

5.気をつけること

・直射日光が当たるような場所は避ける

ハムスターに直射日光が当たるような場所は避けましょう。

・直接風が当たるような場所は避ける

窓の側も、避けた方がいいでしょう。
夏や冬に使う、エアコンの風が直接当たるのもよくないので気をつけましょう。

・温度管理は重要です

暑すぎるのも寒すぎるのも苦手なハムスター。
床から1メートルくらいの高さにケージを置くのがベストです。
床に近いと寒すぎたり、天井に近くなると今度は暑すぎたりするからです。

・音がうるさい場所は避けましょう

ハムスターに限らずですが、あまりにウルサイ場所だとストレスを感じてしまいます。
テレビや音楽プレイヤーの側などにケージを置くのはやめましょう。

6.一人暮らしでも飼育可能なハムスター

一人暮らし向きのマンションの場合、ペット飼育不可の物件が多いのですが、実は小動物であれば大家さんが大目にみてくれるところもあります。

一人暮らしの場合、皆さんワンルームもしくは1Kといった間取りの物件がほとんどでしょう。

犬や猫を飼う際に色々と決まりがある理由は、鳴き声がうるさかったり、内装に傷をつけられる恐れがあるからです。

しかし、ハムスターなどの小動物は基本的にケージの中で飼育を行うため、部屋が汚れることはまずありませんし、鳴き声などで迷惑をかけることもありません。

まとめ

ただ、いくら飼育が簡単とはいえ、ハムスターは生き物です。

一人で暮らすことと同様に責任が伴うということを、まずは頭に入れておきましょう。

この様な理由から一人暮らしでハムスターを飼う方がおられますが、生き物を飼ったら何でも大事に育ててあげて欲しいと思います。

楽天ランキング「ハムスター」トップ5


関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る