一人暮らしを始めるタイミングで押さえておきたい4つポイント

一人暮らし

一人暮らしを始めるタイミングで押さえておきたい4つポイント

部屋探しのとき、まず考慮すべき4つのポイントを紹介します。

1.家賃(値段)

一般的に言われてるのが、1ヶ月の収入の30%以内に家賃を設定すると良いと言われています。

こんな部屋に住んでみたい!どうせだったら条件のよい部屋に安い家賃で住みたいものです。

部屋探しに失敗しないための知識をぜひ身に付けてください。

2.広さ

通常1Kか1R、まれに1DKという場合が多いと思います。

1Kと1R、どっちが悪いということはありませんが、どちらにしろ20㎡以上の部屋をおすすめします。

3.駅からの距離

できれば5分以内ですね。

駅からの距離に比例して家賃も安くはなりますが、安さを重視して駅からの距離が徒歩15分とかだと、特に雨の日とか、仕事で疲れている時など、結構堪えます。

自転車ユーザーは迷わず遠いところを選んで家賃を節約してはいかがでしょう?

自転車を利用して賃料を少しでの安くしたい!という方なら徒歩30分(自転車なら10分以内)のお得な物件を探すのもいいですね。

最近では電動自転車も安くなってるので坂道を気にしなくてもいいかも知れません。

4.部屋を探す方法

まずはインターネットで部屋探しですね。

大手の賃貸仲介会社などを中心に、検索性や操作性に優れたサイトがたくさんあります。

事前にネットで検索し、自分が住みたい範囲の相場はどれくらいなのか、どういった間取りの部屋があるのかなどを調べましょう。

裏技!家賃交渉のノウハウ!

礼金の交渉や、家賃の交渉は、別に詳しく伝授したいと思います

部屋探しの時期に余裕がある方は、家賃や敷金・礼金等が値下げされている、もしくは値下げ交渉しやすい時期を狙いましょう。

4~5月

3月に入居者が決まらなかった物件や、3月後半で引越した等、条件のいい部屋が残っている可能性が高いです。

この時期は比較的、まだ部屋探しをする人は多く、余裕のある人がこの時期を狙っていたりします。

家賃交渉等しやすい時期と言えます。

この時期を逃すと、長く空いてしまう可能性が高いからです。

8月

最も礼金や日割り家賃、家賃交渉がしやすい時期です。

1~3月の間と、1万円も家賃が安かったりする事もあります。

余裕があれば、1番狙い目かも知れません。

9~10月

転勤等があるので、ファミリーの部屋探しシーズンでしょう。

このことを知って頂ければ、上手な一人暮らしのタイミングがみつかるでしょう。

楽天ランキング「一人暮らし」トップ5


関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る