夏だからチャレンジしたい流しそうめん・・・竹はどうする?

wpid-d0080957_23594536


今年の夏も猛暑が予想され、考えただけでバテそうですが、 そんな夏をエンジョイするために本格的な 流しそうめんにチャレンジしてみませんか?

流しそうめんといえば、絶対必要な竹!!

用意するものとしては 竹を割るのに使います。

竹を切って使う場合、選ぶ竹は節と 節の間が長いものにします。

そして、真っすぐ伸びていて曲がって いないもの、1~2年経っている竹を選びましょう。

若い竹というのは緑色で艶がありますが、 古い竹は浅黒く艶がありません。

直径15cmほどが目安で、4~5mあれば良いでしょう。

竹を切る時は、なるべく下のほうから切ります。

373553bade3cd2a55_l

半分に割るには、竹の中心に切り込みを入れ、 なたやのみをあてて、かなづちで上からコンとやれば割れます。

半分になっていないと、そうめんが途中で飛びだしてしまうので、要注意です。

竹を半分に割ったら

中にある節を、かなづちやのみを使って取り除きます。

節は少しくらい残っていても問題ありませんが、竹のささくれでケガをすることもあるため、カンナやヤスリで削って仕上げると良いですね。

使用した後の竹は、洗って天日干しをしてから充分乾燥させた状態であれば、1シーズンは 使えるでしょう。

もったいないと思っても、次の年にまた流しそうめんをやる場合は新たに竹を切って作り 直すことをおすすめします。

竹の香りも楽しみたいですからね。

竹は無断で切らないこと

近所に良い竹林があるからと、勝手に切ってはいけませんね。

所有者に許可をもらってからでないと竹は切れません。

切った竹を使う以外には?

流しそうめんはやりたいけど、竹を切るところからはちょっと無理・・・

そんな人には、ホームセンターで竹を販売しているところもあるので、購入して使うのも便利でしょう。

また、竹を使わず同じくホームセンターで販売されている「雨どい」を使って流しそうめ んをやる人も多いらしいので、環境や使い勝手、後始末のことを考えて選んでみてはいかがでしょうか。

夏休みに家族で流しそうめんなんて、お子さんも喜びますね。

楽天ランキング「流しそうめん」トップ5


関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る