大人だから似合う夏のアイテム。粋な扇子を求めて浅草へ

img56018467


日本のファッションアイテム「扇子」

扇子は、うちわのように手元で風を送りあおぐのに用いる道具ですが、扇子について多くを知らない人でも、日本舞踊や歌舞伎、狂言の世界で使われることはご存知でしょう。

そして、昔から和小物として日本人に愛用されてきた、歴史のある扇子。

うちわ感覚で使う扇子、ファッションアイテムとして持つ扇子、用途は様々で値段もリー ズナブルなものは100円ショップでも購入できます。

扇子の老舗「文扇堂」

「扇子といえば浅草の老舗」 ここでご紹介したいのが、浅草にある扇子の老舗「文扇堂」です。

文扇堂

場所は、浅草雷門の仲見世にあり、創業120年、現在の社長は4代目になります。

この社長「荒井修」さんは扇子づくりの工程を1人で仕上げてしまう、日本では唯一の職 オーストラリアやイタリアで個展を開催したこともあるのですが、この方の作る扇子は大 変大きな信頼を得ており、歌舞伎界、落語界、舞踊界では知る人ぞ知る、扇子のスペシャリストなのです。

文扇堂には、扇子以外にもうちわ、お香、香立て、匂い袋など、手にとって見たくなる魅力的な小物が並べられています。

外国人のお土産にも人気ですが、ご両親や目上の方へのプレゼントに選んでも喜ばれるのではないでしょうか。

もちろん、おすすめは扇子です。

伝統の扇子「高久」

伝統の扇子「高久」

こちら「高久」も、江戸時代から伝わる伝統の扇子をはじめ、キャラクターやオリジナル の扇子が所狭しとその姿を広げ、立ち寄る人々の目を楽しませています。

取り扱っている品物がとても多く、羽子板、日本人形、江戸風鈴、正月小物、履物など、懐かしいものに出会うこともあり、店内は見る価値があります。

場所は、仲見世を浅草寺に向かい、新仲見世通りを左に曲がったところです。

センスが光る、大人の扇子

若い人が扇子を手にしている姿は、あまり見かけることがないと思います。

ですから、粋でオシャレな扇子をぜひ大人の夏のアイテムとして選んでみませんか?

広げて見せたくなる、自慢の扇子を求めにちょっと浅草へ、なんていいですね。

楽天ランキング「扇子」トップ5


関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る