隅田川花火大会で混雑を避けるためには

隅田川花火大会


鑑賞場所

東京三代花火大会の中の一つと言われている 隅田川花火大会は、毎年90万人超の人が 花火を観覧しにくると言われています。

隅田川花火大会の混雑は必至ですが、その混雑を うまく回避するためには、できる限り早め早めに 会場周辺に行くことです。

隅田川花火大会を観に行かれる方はやはり、 考えられることは同じなので、お昼前ぐらいになると、 会場周辺には、観覧しに来ていると思われる方たちがぞくぞくと集まってきます。

まず、隅田川花火大会で大混雑が予想されるのが、 浅草駅周辺なので、ここは避けて、スカイツリー駅、 押上駅、本所吾妻橋駅、田原町駅などを 利用するのがいいでしょう。

隅田川花火大会会場からは少し離れていて、 会場まで徒歩で行かなければいけませんが、 混雑に巻き込まれずに会場に行くことができます。

早めの行動で会場周辺に辿り着けても隅田川花火大会の 場所取りは早すぎるのはいけません。

やはり都市部で行われる花火大会なので、 開始1時間前ぐらいからの場所取りをするようにしましょう。

隅田川花火大会では、どこもかなりの混雑が予想されます。

小さいお子様づれのかたは、花火を歩きながら 観覧するのはお子様にとってとても危険なので、 避けた方がよいでしょう。

隅田川花火大会

どこかでゆっくり座って観覧するようにしてください。

花火が終わった後は

隅田川花火大会が始まる前も大変な混雑ですが、 花火が終わった後の混雑もおそらくみなさんの 想像以上の大混雑になります。

公共交通機関で会場に行かれた方は、思うように 駅やバス停までたどり着けないことも覚悟しておいてください。

できることなら、混雑を避けるために、隅田川花火大会終了の 30分前くらいには帰るようにすることをオススメします。

やっぱり花火は最後まで観ておきたいという方は、終了後、 会場周辺のお店などで1時間程度時間をつぶしてみてください。

その1時間程度でかなり人が少なくなり、混雑を避けて帰ることができます。

年に一度の一代イベントの隅田川花火大会、 最初から最後まで楽しむために、上手く混雑を 避ける方法をとって楽しんでくださいね。

楽天ランキング「花火」トップ5


関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る