隅田川花火大会の交通規制は事前の下調べが大事!

隅田川花火大会


隅田川花火大会

隅田川花火大会は、来場者数が毎年100万人前後になるという、一大イベントです。

そのため、会場周辺や花火の見えるスポットの多くが、交通規制の対象となります。

何も知らずに規制区域に立ち入ってしまい、どこに行ったらいいかと右往左往して いるうちに花火大会が終了…

などという悲しい事態になってしまうという悲しい事態 を避けるためにも、規制情報をしっかりと調べてから行くことが非常に重要です。

当然のことながら、規制が行われやすい場所というのは混雑が予想されるポイント、 つまりメインである花火が見えやすい場所ということになります。

花火のポイントと規制のポイント

隅田川花火大会の会場は第一会場と第二会場に分かれており、それぞれに別の花火を 打ち上げるため、その中間地点にいれば両方の花火を見ることができる、という考え に至るわけですが、そこは皆、考えることが一緒です。

たとえば、両会場の中間地点にある吾妻橋は、両方の花火を見ることができます。

しかしここは非常に混雑するポイントですので、当日は規制の対象です。

隅田川花火大会

橋の上は立ち止まり禁止となり、さらに台東区側から墨田区側への一方通行となります。

ほかに立ち止まり禁止となるエリアとしては、言問橋、白髭橋、駒形橋、厩橋、蔵前橋です。

また、当日は車での来場不可とされており、花火大会が行われる隅田川付近一帯が車両通行止め となり、駐車場もありません。

公共交通機関や徒歩で見に行くことになるでしょう。

悲しい事態ではありますが、違法駐車などで、参加者のモラル低下が指摘されているところです。

ただ、車で来場する意図がなくても、花火大会前後の日程でその地帯を通る予定があるので あれば、別に注意が必要となります。

一般道もですが、首都高速6号向島線も上下線ともに 規制がかかります。

おおむね規制がかかる時間帯は18:00から21:30ごろです。

自転車も車両通行禁止の範疇内ですので、自転車で会場周辺に近づくことも避けたほうがよい かもしれません。

莫大な数の歩行者でごった返していますし、花火大会目的であれば周辺の 商店などに駐輪することも迷惑行為どころか違法となるケースもあります。

やはり、徒歩での アクセスとなることは覚悟しておきましょう。

楽天ランキング「花火」トップ5


関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る