隅田川花火大会の打ち上げ会場はここ!

隅田川花火大会


打ち上げ会場

隅田川花火大会の花火打ち上げ会場は、隅田川の2つのポイントに配置されています。

まず第一の会場は、桜橋下流から言問橋上流のポイント、次に第二会場は、駒形橋下流から厩橋上流のポイントです。

余談ですが、花火の掛け声として有名な「たまや」と「かぎや」は、この二つの会場間 で、二つの花火業者がそれぞれ交互に花火を打ち上げ、観客がよりよい花火だと思った 方の業者の名前を掛け声として呼ぶという歴史が背景にあります。

かつてはこのように二つの会場で打ち上げられる花火が異なり、双方が花火の腕を 競い合うという性質を持っていたものですが、現在はそのような性質はあまりなく、 どちらも華やかな花火が打ちあがる大会となっています。

隅田川花火大会

どちらの会場がよいか

どちらの会場にもアクセスする手段はあり、両会場で合計2万発の花火が打ちあがります。

来場者数は毎年100万人近くになり、第一会場、第二会場双方に分散しますが、 眺望のよい高所はやはり混み合います。

会場付近の路上に場所取りをすることは禁止 されているほか、実施者側で通行ルールなどが定められており(たとえば、橋の 上は立ち止まり禁止で、一方通行にするなど)混雑緩和と、快適に花火が鑑賞できる よう配慮されています。

どちらの会場側の花火を観覧するかによって、観覧場所も変わりますし、アクセスも 違いますから、事前に下見をして決めておき、そこへのアクセスなども調べておきたい ところですね。

動画投稿サイトなどを見ていると、どちらの会場を選ぶかによって、花火の見え方 は大きく異なるようです。

これまで一方の会場にしか行ったことのない方は、もう一つ の会場に足を運んでみるというのも、隅田川花火大会の楽しみ方の一つとして良い 楽しみ方であるかもしれませんね。

東京三大花火大会の一つである隅田川花火大会、せっかく見に行くのなら、その魅力 を充分に味わいたいものですよね。

二つの会場の魅力を存分に味わえる、花火大会鑑賞 のプランを立てたいですね。

楽天ランキング「花火」トップ5


関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る