今の時代だからこそ、ビンテージな時計を持ち歩く

32a9fb70f73be79f9e5dd2c0239edc3c_l


現代では利用者の減った腕時計

少し前までは、腕時計は社会人の必需品と言われていました。

外出先で時間を確認するのに、それ以外の方法はなかったからです。

携帯電話・スマートフォンが台頭するまで、かなりの長い期間、腕時計は人々にとって必需品であったのです。

現代では、主に若い世代を中心として、腕時計をあえて購入する、持ち歩くという層は減少傾向にあります。

時間を確認するだけであればスマートフォンで済ます、という層が増えたためと、用途の同じものをあえて身に着けたりしない、というある意味合理的な判断をするようになったためでしょう。

再注目アイテムとなった腕時計

しかし一方で、こうしたスマートフォンがほとんどすべての人々の手元にあるようになってから、逆に腕時計への注目が高まってきたという面もあります。

腕時計に求めるものは様々ですが、ただ時間を確認するためというよりも、「持っていること、身に着けていること」そのものに意味を見出すという方が増えているようです。

おしゃれな「ビンテージ腕時計」

その傾向が顕著に見られるのがビンテージものの時計です。

多くは1950~70年代に人気を集めたデザインがビンテージと呼ばれています。

こうしたビンテージを好む愛好家には、時計を選ぶポイントがいくつかあります。

たとえば文字盤や針の形、ビンテージらしい焼け具合などがそれで、ビンテージの愛好家は、それらのポイントを選びつつ、自分自身のファッションに合うような一品をチョイスします。

そして、革ベルトを付け替えたりして、自分のオリジナルな一品を作り上げるのです。

既製品は手軽に身につけることができますし、たとえば温度計や歩数計などの機能がついているものもあります。

材質も、落としても壊れたりしないよう、ガラスではなくプラスチック製のものを選ぶことができます。 これにはこれの良さがあるでしょう。

しかし一方で、ビンテージにはビンテージの良さがあります。

使い込めば使い込むほど味が出る革ベルトの色合いや、長い期間を経ても動き続ける文字盤や針は、持っている人の愛着を呼び起こすものがあります。

便利で効率的なものが溢れる今の世の中だからこそ、ビンテージの腕時計に注目が集まるのも、ある種理解できることです。

関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る