土用の丑の日はいつ???。。。夏だけではない???

しじみ味噌汁


土用の丑の日といえば夏でしょう! そう思っているあなた、、、 実は土用の丑の日は春・夏・秋・冬とあるのです。

u104

そして、今年の土用の丑の日は、

1月13日、1月25日、4月19日、7月24日、8月5日、10月28日と、6回あります。

土用の丑の日が夏だと思うのは、夏の土用の丑の日が近づくと 目にするスーパーのチラシはうなぎを大きく取り上げていますし、 スーパーに足を運べば売り場の様子はいつもと違い、 うなぎの販売コーナーが増え、対面販売もしているせいでしょう。

しかし、うなぎの旬は冬であることをご存知ですか?

うなぎは寒さの厳しい冬を乗り越えるために脂を蓄えます。すから、冬に獲れたうなぎは脂がのってとても美味しいということなのです。

それでも、うなぎの栄養価が非常に高いことから、夏は夏バテ防止のためにも土用の丑の日にうなぎを食べてスタミナをつけましょう! 、、、ということですね。

昔は「う」のつくものを食べれば病気にならない・・・
そんな迷信があったそうです。それで、やはり夏バテ防止のために梅干し、うなぎ、うり、うどん、などを食べていました。

■うなぎ以外でもいいの?

「う」のつくものは、あくまでも迷信なので。土用の丑の日に食べると良いとされるものはほかにもあります。

◆土用しじみ

しじみ

栄養価が高いしじみの旬は夏で、肝臓の働きを助けます。

◆土用卵

tamago

昔は卵といえば高価なものでした。卵も栄養価が高いので滋養のものとして人気があるのです。

◆土用餅

mochi

あんころ餅でいただきます。 餅は力餅ともいいますし、 小豆は厄除けという意味が込められています。

このように、土用の丑の日は うなぎを食べるものだと決まっているわけではないので、疲労回復や体力を向上させることを意識して、自分の体が喜ぶものを食べるのが夏バテ防止にもつながるのではないでしょうか。

ひつまぶし

エアコンやシャワーもなかった昔ですが、その時代の人々も夏の暑さに負けない体でいるための心がけをしていたのですね。

関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る