七夕で笹を使う意味は?

パンダと笹


小さい頃、短冊に願い事を書いて 笹に飾り付ける時お願い事というより、 欲しい物を書いていました。

サンタさんにお願いするように 「新しいゲームのソフトが欲しい」とか 「新しいバービー人形が欲しい」とか。
今思えば何かを勘違いしていたんですかね。

あとは「お金持ちになりたい」とか 七夕を何かの神様だと思っていたんでしょうか。

でも、子供ながらにちゃんと 七夕の物語は理解していたつもりです。

おりひめとひこぼしが1年に 1回天の川をはさんで会えるのが7月7日の七夕。

ざっくりですがこんな感じで記憶していました。

七夕の笹

でも、なんで笹に飾り付けるんですかね?

笹って七夕以外見ることないんですが、 笹と七夕のつながりってなんなんでしょうか。
意味がないなら違うものに飾り付けても良いような気がするんですが。
違うものでも良いんだったら手軽に七夕ができると思いませんか?

そもそも笹は日本に七夕が伝えられる前から 笹(竹)は神聖なものとして大切に扱われてきました。
タケノコから親竹になるまでの期間の速さに生命力を、
強力な殺菌力を持つその葉に魔除けの力をもつと考えていたのです。

魔除け

そのため人々は笹竹で身を清めたり、魔を祓う儀式をしたり、 神に祈りをささげていたのです。
今でも地鎮祭えは笹竹をたてて土地を清めますし、
神社で宮司さんや巫女さんが笹でお清めをすることがあります。

七夕の神である織姫と彦星にささげものをするときの目印として、
神聖な植物である笹竹を立てたのが始まりで、
のちにささげものが変化して今のような【飾り物】になったときに、
笹竹に取り付けられて今の笹飾りになったのではないでしょうか。

笹飾り自体が文献に初めて記載されているのは 鎌倉~室町時代のあたりからで、庶民がとりいれるほど ポピュラーになってきたのは実は江戸時代になってからなのです。

七夕はおりひめとほこぼしの切ないラブストーリーだけではなく、 お盆との深いつながりがあります。

お盆の提灯

旧暦の時代の7月7日は「七日盆」「盆初め」と いってお盆の始まる日でもありました。

七夕は別名「棚幡」と書き、
お盆の時ご先祖様を迎える「精霊棚(しょうりょうたな)」に 安置する幡のことでもありました。
7月7日の夕刻から精霊棚を設け、 幡を安置してお坊さんにお経をあげてもらうのですが、
ここから棚経(たなきょう)と言うようになったそうです。

天に向かってまっすぐ伸びる力強さに生命力を感じつつ
風にそよぎさわさわという葉の音に精霊(先祖の霊)や 神様が宿る依代(よりしろ)と考えられていたそうです。

なので七夕はお盆との関係性があるので 飾り付けには笹を使うんですね。

とうろう流し

笹は七夕が近づくと花屋さんで取り扱うようになります。
なので今年の七夕は、小さくても良いので笹を用意してみてはいかかでしょうか。

最近はプラスチックでできた笹もあるみたいなので、
枯れてしまうのが嫌だったらこっちでも良さそうですね。
笹に短冊をつけて願い事をするといつもとは 違った七夕を過ごせるんではないでしょうか。

関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る