【お中元】感謝の気持ちをお礼文で伝えましょう。(参考例文)

10


感謝の気持ちを伝えるお中元の時期とは

日頃お世話になっている人に感謝の気持ちを伝える 手段は色々ありますが、
日本の昔からある礼儀の中に【お中元】がありますね。

夏の時期といえばお中元、冬の時期はお歳暮になるんではないでしょうか。
お中元やお歳暮を毎年きちんと贈っている人ってどのくらいいるんですかね?
自分の周りは昔はしていたけど今はもうやらなくなった人が 多いです。
ましてや貰うことも少なくなっていますよね。

お中元とかお歳暮ってそれなりに親戚などと 交流がないと
段々過疎って行くものだと思いませんか? 実際、実家を出てから
自宅に届くことはないし 友達同士でもお中元の話はしないです。
感謝を伝える手段で選択肢に浮上してこないですね。
年齢的な事もあるのかもしれませんが話題にもならないです。

昔は親族や仕事関係、親しい友人などに贈るものが お中元でしたが、
最近では子供の習い事の先生や、 ママ友同士で贈りあったりするみたいですね。

そもそもお中元とは何なのか

そもそもお中元とはなにか知っていますか? もとは中国の星祭の一つで、
1月15日を【上元】7月15日を【中元】、
10
月15日を【下元】
といって、 この3つを合わせて
【三元】と呼んで終日庭で 火をたくなどのといった
行事が行われました。

それが日本に伝わると、時期的にちょうどお盆と結びつき、
先祖の嶺を慰めると同時に生きている両親や親族を敬い、
そうめんや野菜、果物などの食べ物を中心に贈り物を
するという習慣になったのです。

「お中元」を贈る時期は地方によって多少異なるところも
ありますが、一般的には7月15日までとされているのですが、
それも「中元」といわれる日が7月15日だからここからの
由来だと思われます。 現在のお中元は先祖を敬う行事が
お世話になった人に 尊敬や感謝の気持ちを表すものはと変化したものとされています。

img_etc04_01

お返しの場合はお礼状を出す

贈る側は相手に感謝を伝える手段として「お中元」を 贈るんですが、
受け取り手もそのお返しに感謝の 気持ちを伝える必要があります。

貰った場合は物でお返しをするのではなく、「お礼状」 を出します。
直接自宅で貰った場合はその時にお礼を言います。
でも、最近は宅配で届くことがほとんどなので、
その場合は お礼状を送ります。お礼状は品物を受け取ったら
すぐ贈るのが マナーとなっています。

もし8月の立秋(8月7日頃)を過ぎてしまったら
書き出しを少し変えて送りましょう。

このやりとりで双方の感謝の気持ちが伝わるんではないでしょうか。
  日頃の感謝を伝えるのが「お中元」ですが、単純に何かものを
贈れば良いってことではありません。

自分の好きなものなどではなく、相手の好みのものを贈りましょう。
相手の好みがはっきりわからない時は無難なものを贈るのが
良いのですが、お中元にもマナーがあります。

贈るもの、贈り方、のしの書き方、贈る時期。
これらのことをきちんと把握して「ありがとう」や
「お世話になっています」が相手にしっかり伝えれらるように
しましょう。 お中元を贈ったことのない人も、
感謝の気持ちを伝える 手段として活用してみてはいかがでしょうか。

関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る