七夕の歌詞の意味って!?

笹の葉さらさら


友達の子供が今年小学生になったんですが、 七夕の日に学校で笹に飾る飾り物や、 短冊を作るみたいでその時に七夕の歌を覚えたそうです。

遊びに行くたびに気に入ってるのかずっと口ずさんでいるんですが、 歌詞を聞いてびっくりしました。 気づいたんですが自分はずっと歌詞を間違えて覚えていたみたいです。

七夕の歌って言ってますが、 タイトルは「たなばたさま」って言うんですね。

この歌は多分全国区だと思うんですが、どうでしょうか?

「たなばたさま」はとても短い歌です。

七夕まつり

笹の葉さらさら
のぎばにゆれる
お星さまきらきら
きんぎん砂子

五しきのたんざく
わたしがかいた
お星さまきらきら
空からみてる

 

これが歌詞になるんですが2番は歌った記憶がないなぁ。 それにしても子供の歌なのに歌詞が難しくないですか?

「のきば」とは、漢字にすると「軒端」と書きます。 文字どおり、軒(のき)の端(はし)という意味で、 軒の先端、軒口のことです。

そして、軒(のき)とは建物の壁面より外に突出している部分のことです。

具体的には、屋根の下はしとか。庇(ひさし)と呼ばれているところです。

昔は平屋で一軒家の家が多かったので、 庭先や玄関口などの外に、七夕飾りを飾っている方もいました。

貰ってきた竹の葉の先が風に揺られて 屋根の先にあたっている様子も多く見受けられたのかもしれませんね。

「砂子」は砂粉とか言われます。 金箔、銀箔を細かくして粉状にしたもののことです。 伝統工芸品などに使われていて、 蒔絵やふすま絵、色紙などに吹き付けて装飾を行うものです。

当時はとても高価なものでした。 それこそ金箔、銀箔の粉を散りばめたように 光り輝いていると表現しているのかもしれません。

「五色」は中国にある五行説から伴ったもので、 青・赤・黄・白・黒だと言われています。

黒は縁起の悪い色として、日本では馴染めず紫と入れ替わってしまっています。 また、多種多様な色とか、いろいろな色とか、 沢山の種類の色という意味合いに使われることもあります。

では、この難しいいみをふくめて自分なりに歌詞を解釈してみたいと思います。

願い事1

七夕飾りをした笹の葉が風に吹かれて さらさら音を立てている。
屋根の先に当たって笹の葉が揺れている。
空にはお星さまがキラキラと輝いている。
満点の星空のなか空を見上げると天の川が流れている。
まるで金や銀の細かい砂を 散りばめたように光り輝いています。
七夕飾りにある5色の短冊は わたしが願いを込めて書いたものです。
そんな様子を温かく見守りながら お星さまは今日は一段とキラキラ輝いています。

短冊の願い事

解釈は人それぞれだと思いますが、 七夕を祝っている情景の歌かなと思ったので、 こんな感じで自分は解釈しました。

そうそう、最初に言った間違えていた歌詞なんですが、 「お星さまきらきら きんぎん砂子」この部分を 「お星さまきらきら きんぎん黄色」と覚えていました。

勝手に色だとおもったのか、 聞き間違えたのかは定かではないですが 今日からはもう間違えないようにしたいと思います。

関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る