七夕にピッタリな食べ物

腹ペコ犬


こないだちょっと早いですが 今年初の”そうめん”を食べました。
”そうめん”を食べるとなんだか夏が来た気がしませんか?

そうめん2

でも、まだすこし早かったので食べた後寒くなって、 ”にゅうめん”にすれば良かったと若干後悔しました。

”そうめん”といえば、 実家にいたとき料理好きの母親が七夕の日に、 野菜を星型に切ってカラフルな可愛い”そうめん”を 出してくれたことを思い出します。

七夕やひな祭りなど、何か節句があると 遊び心のある料理を出してくれたんですが、 最近はデコ弁や大根おろしアートなどで そういうのも結構メジャーになってきてますよね。

ひな祭りやこどもの日はこれといった行事食がありますが、 七夕って特に耳にしたことなくないですか? 勝手にちょうど夏だから”そうめん”! って思ってましたけど、 これが調べてみるとあながち間違いではないみたいですよ。

そうめん1

そうめんは七夕の行事食の一つで、 その起源は古く元は平安時代に七夕の節句で 小麦粉と米の粉を練って縄の形にした菓子を食べる習慣から来ています。

菓子は和名を「むぎなわ」と言い、中国から伝来した食べ物です。 中国ではこれを「索餅(さくべい)」と呼びます。
なぜ、この菓子を七夕に食べるのか、菓子が「そうめん」になったのか。

それは、ある中国の故事から生まれた風習なのです。

その昔、古代中国の帝の子供が7月7日に亡くなり、 その後に一本足の鬼となって熱病を流行らせ、 これに困った人々は子供の好物だった「索餅」を供えて祟りを鎮めました。 それから、この故事に因んで中国では七夕に「索餅」を食べる風習が生まれ、 平安時代に日本へ伝わりました。

伝来した当初は日本でも中国と同じ材料で作った「むぎなわ」を 7月7日に食べる習慣がありました。 しかし、この「むぎなわ」の元になった 「索餅」は「索麺(さくめん)」とも呼ばれ、 それが時代を経て「そうめん」に変化したのです。

食べるものが変化したからと言って、 日本人は完全に習慣を忘れてしまったわけではないです。 「そうめん」は米の粉は入っていませんが、小麦粉と食塩水で作られます。 そして今でも7月7日に食べる「そうめん」を、 鬼の故事に因んで「鬼の腸(はらわた)」と呼ぶのです。

おに

今でも七夕だからっていう習慣で食べているのは、 仙台などの東北地方の方が多いみたいですね。 どうしても”そうめん”は夏になると定番食になりがちなので、 七夕だから食べるって習慣がつきにくいんでしょうか。

ひな祭りのひなあられや、こどもの日の柏餅などの 行事食に比べると特別感は薄いですよね。

でも、行事食とわかっていなくても 自然とそれを食べるということは 本能的になにか根付いてるものがあるのでしょうか。

それにしても、そうめんが「鬼の腸(はらわた)」と 呼ばれているなんて知らなかったです。

鬼の故事に因んでと言われていますが、 想像力の高い自分は見た目が似ているのかなって ちょっと思ってしまいました。

このままじゃ”そうめん”を食べるたびに思い出してしまいそうです。

関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る