七夕の由来とは

おっ


おりひめとひこぼしが出会う日を七夕といいますが、 そもそもの由来を知っていますか?

七夕は「たなばた」または「しちせき」とも読み、 古くから行われている日本のお祭り行事で 1年間の重要な節句を表す五節句のひとつにも教えられています。

五節句とは

 

◆人日(1月7日)
◆上巳(3月3日)
◆端午(5月5日)
◆七夕(7月7日)
◆重陽(9月9日)

のことです。

毎年7月7日の夜に願い事を書いた色とりどりの短冊や 飾りを笹の葉につるし、星にお祈りをする習慣が今も残ります。

起源には数多くの説があります。

1.もともと日本の神事であった「棚機(たなばた)」
2.おりひめとひこぼしの伝説
3.奈良時代に中国から伝来した「包巧奠(きこうでん)」

という行事が合わさったものと言われています。

 

 「棚機(たなばた)

古い日本の禊(みそぎ)行事で、乙女が着物を織って棚にそなえ、 神様を迎えて秋の豊作を祈ったり人々のけがれをはらうというものでした。

織物

選ばれた乙女は「棚機女(たなばたつめ)」と呼ばれ、 川などの清い水辺にある機屋(はたや)にこもって 神様のために心をこめて着物を織ります。 その時に使われたのが「棚機(たなばた)」という織り機です。

やがて仏教が伝わると、 この行事はお盆を迎える準備として7月7日の夜に行われるようになりました。 現在七夕という二文字で「たなばた」と 当て字で読んでいるのもここから来ているといわれています。

 

「おりひめとひこぼしの伝説」

琴座のベガと呼ばれる織女(しゅくじょ)星は裁縫の仕事、 鷲座のアルタイルと呼ばれる牽牛(けんぎゅう)星は 農業の仕事をつかさどる星と考えられていました。 この二つの星は旧暦7月7日に天の川をはさんで 最も光輝いているように見えることから、 中国でこの日を1年1度のめぐりあいの日と考え、七夕ストーリーが生まれました。

七夕ストーリー

七夕ストーリーとは 広い広い天の川をはさんで夏の夜空に輝く七夕の星、 「おりひめ」と「ひこぼし」その星から生まれた切ない恋の物語です。

このストーリー自体も説が地方によって異なり、 七夕の夜少しでも雨が降れば二人は会えないと言われるところもあれば、 雨でも二人は出会える、雨はおりひめのうれし涙で、 雨の水によってけがれが洗われると伝わるところもあります。

いっぽう、二人が会えば病がはやるとして 会わないように雨を願うところもありました。

昔は七夕は旧暦の7月7日(8月12日ごろ)に行われていたため、 干ばつに苦しんでいた地方の人々が雨を願った、ということもあるようです。

 

「包巧奠(きこうでん)

中国の行事で7月7日に織女星にあやかって はた織りや裁縫が上達するようにとお祈りをする風習から生まれました。 庭先の祭壇に針などをそなえて、星にお祈りを捧げます。 やがてはた織りだけではなく芸事や書道などの上達も願うようになりました。

この3つがメインとなって今の七夕ができて、 毎年お祭り行事として行われているんですね。

関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る