お中元を送るのはいつからいつまで?なんと意外な事実が判明!

gift_img_01


関東と関西では贈る時期が違うお中元

ゴールデンウイークが終わって6月の梅雨の 時期になると
実家から頼まれる事があります。 実家は仕事や親戚の関係で
毎年お中元と お歳暮を大量に贈るんですが、
そのリストを作るのが自分の担当となっています。

宅配で贈るとこと、自宅に届けに行くところ。
自宅に届けに行く場合は相手の都合も把握しなければ いけなくて、
それに贈る物も全部同じものとは いかないですし、
宅配に頼むのであれば値段や取扱いしている かなどやらなければ
いけないことが沢山あって、 年間でちょっと忙しい時期が近づいてきて
て少し憂鬱な日々です。 お中元を贈る時期は決まっていますが、
最近では6月の 下旬ぐらいに贈るのもめずらしくないみたいですね。

基本は関東では7月初旬から7月15までに贈るのが一般的になっていて、
関西ならお盆を8月に行うために7月下旬から8月15までに贈るのが一般的です。 gifthuroshiki-300x224

 

その他の地域でも贈る時期が違う

特に、関西の人が関東の人に贈る場合には時期を外すことの
ないように気を付けましょう。 他の地域の場合は、
北海道だと元々お中元の時期は 旧盆の期間にかかる
7月15日から8月15日でした。

しかし、北海道以外に住んでいる方からのお中元が
7月上旬から 届き始めるため、北海道のお中元の時期も
少しづつ早くなってきています。

東北は関東と変わらない時期ですが、北陸地方は エリアの中で
8月のお中元の地区と、7月のお中元の地区に分かれています。

金沢など都市部では関東地区と同じ7月1日から 7月15日が一般的ですが、
能登などでは関西地区と同じ お中元期間(7月15日から8月15日)
の地区もあります。 どちらの期間に届けるのか迷う場合には、
両方にかかる7月15日頃に届くようにすると無難です。

 

お中元001

東海エリアも元々はお盆の時期とお中元の時期が 大体一致していたため、
お中元の時期は旧盆の期間にかかる7月15日から 8月15日でした。
(静岡・愛知名古屋のお中元の時期など)

しかし、 最近では東京周辺の影響を強く受けて7月中旬ごろまでに
お届けするご家庭が増えてきているそうです。

中国・四国・九州地区のお中元も年々早まる 傾向があって
関西地区同様7月15日から8月15日のようです。

関西地区は最近ではデパートなどで手配をしても 7月1日頃から
配達することが多くなっています。
古くから関西にお住まいの方以外は近年は 7月中旬までにお届けする
ご家庭が増えているそうです。
全体的に年々時期が早くなっている傾向があります。
手配する期間の開始が早くなり、あるいはデパートの お中元商戦の
開始が早くなり、届く時期や配達される時期は あまり変化していない
という感じでしょうか。

関東と同じ時期の場所に贈る場合は、6月下旬時点で まだ準備を
していないなら急いだほうが良さそうです。
もし時期を逃してしまっても、
それ以降立秋(8月7日)までは 「暑中御見舞」それを過ぎると
「残暑御見舞」として贈ることはできます。
なるべくはこの時期に届くように地域によって早め早めに準備をしましょう。

関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る