お中元を贈る時期はいつがよいのか?

0cfef7732ba3005afd54b83b7aaf1163_s


お中元を贈る時期を考える

日頃お世話になっている方に送るのがお中元ですが、
実家を出てからお中元を送ったり貰ったりを全然しなくなっていしまいました。
実家にいた時も親がやっていた事なので、
自分では一度も手配や段取りなどをした事がありません。

しかし今後はそうもいかなくなりそうです。 相手がいて生活している
場合は自分の事だけで やるやらないを決めれないですよね。
なので今年からお中元デビューをする事になりました。 両親、親戚、兄弟、会社の
上司などなど。 同じ地域に住んでいる方に贈る場合は。

スーパーや 百貨店にお中元コーナーが出来たり、 新聞広告やネット広告に
お中元の文字を見かけたら 送り時の目安にすると良いみたいなんですが、
気をつけたいのは他の地域に贈る時です。 そもそもお中元とは、
旧暦の1年を2回にわけてその 節目となる7月15日のことを「中元」と言います。

これと伝来した仏教の盂蘭盆会(うらぼんえ)が重なり、 先祖の霊に
お供え物をしたりお世話になった家や 人に贈り物をしたりした慣習が
「お中元」の始まりです。

以前は違った時期に贈っていた

以前は、東日本においては7月初めより中頃までの間を、
西日本では1ヶ月遅れの8月初めより中頃までの間を
贈答時期としていましたが、現在ではいずれの地方も
7月初めより中頃まで(土用の入り前までに)の期間内に
贈ることが一般的になってきています。

うっかり忘れて時期を逸した場合には 暑中お見舞い・残暑見舞いとして
贈ります。 同じ贈り物をするならきちんと時期を合わせたい
場合はこれを参考にしてみてはいかがでしょうか。

北海道 時期
・7月下旬~8月15日までは御中元
・8月16日~9月上旬までは残暑御見舞

・残暑御伺 北陸・関東・東海 時期
・7月1日~7月15日までは御中元
・7月16日~8月7日(立秋)までは暑中御見舞・暑中立伺

・8月7日(立秋)~9月上旬までは残暑御見舞・残暑御伺

関西・中国・四国 時期
・7月15日~8月15日までは御中元
・8月16日~9月上旬までは残暑御見舞・残暑御伺

九州 時期
・8月1日~8月15日までは御中元
・8月16日~9月上旬までは残暑御見舞・残暑御伺

とザックリ分けるとこうなっています。
最近は早め早めに用意している人もいて 6月下旬から
手配をする方も増えてきています。

デパートやお店などでは7月上旬から関東地区を
中心とした平均的なお中元の時期を目安として
販売している所が多くなっています。

もし、相手の事情で贈るのが遅れた場合。
例えば相手方のお宅にご不幸があって間もない 場合などは
先方が落ち着くまで少し時期をずらし、 暑中御見舞、残暑見舞
いといった時期に贈ってみましょう。

お中元には日頃の感謝の気持ちを表す意味が
ありますので贈り手、受け手のいずれかが喪中でも
問題はありませんが、初七日が終わらぬうちや
法要の日に持参するのはやはり避けた方が良いでしょう。

デパートやお店などで相談をして、外のしを普段の
お中元ののしとは変えてシンプルなのしにして 頂く等の心遣いをしてもらうと良いと思います。

関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る