冷やし中華の発祥といえば仙台「龍亭」では?

冷やし中華


冷やし中華の発祥は?

とも思いますが、日本そばといういい方もありますし、ネーミングでは分からないものなのかもしれません。
ただ、日本国内で冷やし中華という名前は近畿地方ででは「冷やしラーメン」 「冷麺」などと呼ぶ場合もありますし、これは北海道でも呼称されているようです。

 

日本における発祥の地とは?

日本が発祥だという事がわかりましたが、では日本のどこが発祥だったのでしょう?
有力説としては東京と仙台があるようです。 さらに京都という説もあります。

調べたところ
・東京 「揚子江菜館」1933(昭和8年)年
・仙台 「龍亭」1937(昭和12年)年
・京都 「中華のサカイ」1939(昭和14年)年
これらが発祥といわれています。

では古い順番に書いていきたいと思います。

 

東京 揚子江菜館

冷やし中華販売は昭和8年という一番古い歴史がある冷やし中華のお店です。
なんと創業明治39年・・・前年日露戦争が終わった年です。
ずいぶんと歴史があります。
もともとは上海料理のお店のようで、ホームページの中には上海料理がたくさん並んでいます。
小籠包などもあってとてもおいしそうです。
こちらのお店では冷やし中華という名前では無く「涼拌麺(りゃんばんめん)」という呼び方です。
見た目が富士山みたいで、お店としてもそれをイメージして作られているようです。

ホームページ http://www.yosuko.com/index.html
ちなみにクーポンがあります。
女性には杏仁豆腐プレゼントだそうです。うれしいですね。

 

仙台 龍亭

かつて暑い時期に売り上げが低迷するラーメン業界にとっての悩みを打破するための解決策として生み出された商品のようです。
そして仙台七夕まつりによって全国に広まったようです。

当初は現在の冷やし中華と異なっていたようですし、戦中、戦後しばらくはメニューから消えてしまったそうです。
しかし昭和20年代後半で復活して、40年以降に少しずつスタイルを変えながら進化を遂げてきているようです。
またこのお店では冷やし中華を通年メニューとして主力メニューとなっているようです。 見た目は具材は別添えで食べやすそうです。

ホームページ http://www.ryu-tei.jp/

 

京都 中華のサカイ

創業時からメニューに冷やし中華を乗せているものの、関東周辺の醤油ベースのタレでは無くゴマダレベースの商品になっているようです。
他とは少し違い独自に発展した歴史があるようです。
ホームページによるとインスタントは一切使用しないという信念だそうです。
なので麺、スープ、焼き豚、ねぎなどの薬味にまでこだわった手作り中華そばとなっているようです。

また日本一を目指した冷麺の味を出すまでには相当の苦労があったらしく現在も味の追求を怠らない姿勢なのだそうです。

ホームページ http://www.reimen.jp/index.html
通販もあるそうなので気になる方は要チェックです

 

関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る