冷やし中華の発祥は仙台「龍亭」か神田「揚子江菜館」か調べてみた

冷やし中華


冷やし中華の発祥は日本!

夏の定番の食べ物と言えば冷やし中華が出てくると思いますが、そもそも冷やし中華ってどこの物なんですかね?
中華ってつくぐらいだからお隣の中国かな?っと思ったんですが、調べて見るとその発祥は日本なんですね。皆さん知ってましたか?

そもそも中国では冷たい麺料理は一般的ではないです。
冷たい麺料理は「のどごし」が命です。
ツルツルとしたのどごしの好い食感を生むためには、茹であがった麺を水で素早く締めなければいけないのだが、水の悪い中国では水を使った調理法は敬遠される。 あるとしたても、麺はうちわで仰いで冷ます程度だで、日本のキンと冷えた麺料理と比べると明らかに温い。

一方、きれいな水がどこででも手に入る日本では、ざるそばなど昔から冷たい麺料理が食されていました。
中華そばも他の麺と同じように冷やしてみれば良いのではないかと組合員達が発想したのも、美味しい水に恵まれた日本の風土があってこそだったと言われています。

 

発祥のお店は

冷やし中華の発祥は、神田は神保町の【揚子江菜館】宮城県仙台の【龍亭】この2つの名前があげられているんですが、どちらが本当の元祖なんでしょうか。

東北仙台の【龍亭】

【涼拌麺(リャンバンメン)=冷やし中華】 今から70年以上も前、初めて世に出た冷やし中華はこう名付けられました。

【龍亭】の創業者の資料によると「昭和12年、全国の業界に先駆けて涼拌麺を開発し…」という記録が残されております。
当時の中華料理店では現代とは違い厨房などもなく、油っこく熱いというイメージの中華料理は敬遠されがちで、夏場の売り上げ減はとても厳しく深刻なものでした。

そこで、暑い中でも食べて頂ける冷たい麺料理の開発に取り組んだのです。
夏バテ防止に栄養のバランスを考え、野菜をふんだんに使い、食欲増進に酸味を加え試行錯誤の末に考慮されたのが【涼拌麺=冷やし中華】です。

東京神田の神保町【揚子江菜館】

【五色涼拌麺】 明治39年創業の老舗中華料理店で、冷やし中華発症の店としても有名。
揚子江菜館は昭和8年に上海料理の涼拌麺とざるそばをヒントに作り盛り付けは富士山をイメージしたそうです。

年代は揚子江菜館の方が古いですが、戦前の古い話なので一概にこっちが元祖だとは決めにくいですよね。
でも。発祥の年と形状を問うなら、このような感じの食べ物を作ったのは神保町が先 富士山型のてんこ盛りは相当なインパクトがあったに違いないです。
でも、 「揚子江菜館」は上海料理の流れを汲むので街の中華料理屋さんで食べてる物とはちょっと違って甘酢でコクがあります。

一方味で言うと、いわゆる現在の「冷やし中華」は仙台からの流れだと思います。
「龍亭」は万人向けの北京料理の流れを汲むので、街の中華料理屋さんにも馴染みやすかったと思います。

時代が進むにつれて、富士山型のインパクトが伝わってくるにつれて両者が融合し ・形は【神保町】 ・味は【仙台】 とゆう現在の形に収まったんではないかと思われます。 なのでどちらとも冷やし中華の元祖である事に変わりはないと思います。

好評につき売切れです

関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る