冷やし中華が人気となる条件には気温との関係もある??

冷やし中華


食べたくなる気温

4月ごろから、コンビニエンスストアでも、ぼちぼち『冷やし中華』の商品が店頭に並び始めますね。

この頃はまだ早いと思うのですが、1〜2週間もするとだんだん暑くなり、食べたくなって商品としても人気が出ます。

そういった風景も例年通りですよね。 街の中華店でも、6月ごろから出始めますが、もうこの頃は人気もあって食べたくなる季節になっています。

アイスクリームと同じで、冷やし中華も食べたくなる気温があるそうです。
ちなみにアイスクリームは、最高気温が27℃を超えると売れるそうです。
また、最高気温が30℃を超えると、「かき氷」系アイスが売れるそうです。

皆さんご存知ですか?

夏といえば、エアコンやビール、浴衣などがあります。
エアコンは20℃、ビールは22℃、浴衣は23℃
だそうです。

 

冷やし中華は何℃?

本題の冷やし中華ですが、最高気温が25℃を超えると、非常に売れるそうです。
汗をかいて、発汗作用に伴いお酢のきいた食べ物が食べやすくおもうのでしょうね。

これら気温に関係して商品が変化していくことを、「ウェザーマーチャンダイジング」というそうです。
分類としては、「昇温商品」「降温商品」という分類があるそうです。
文字通り「昇温商品」は、暑くなりつつある時期に売れる商品で、「降温商品」は涼しくなりつつある時期に売れる商品です。
ですから、冷やし中華は簡単に考えても、昇温商品だと思います。
だって、夏の終わりの9月や10月なんて、冷やし中華よりも肉まんの方がほしくなりませんか?

いろいろお話していますが、どちらかというとコンビニエンスストアや中華店のお話をしていますが、最近では市販の即席めんでも、冷やし中華を楽しめる様になっています。
即席めんといっても、最近では高級感を売りにしている商品も数多く販売されています。
その中でも、日清やマルちゃんといった企業が、いくつものブランドで販売しており、かなりの販売数があるそうです。
美味しさも、専門中華料理店に負けないくらいの美味しさがあり、人気も上々だそうです。 皆さんも一度お試しください。

 

好評につき売切れです

関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る