梅雨にフル活動!良い除湿機の選び方

除湿機


皆さん梅雨の除湿はどうしていますか?

梅雨の時期になると、外から帰ってきたら部屋の中はむわっとする空気。 しかも前日の洗濯物も全く乾いてないという最悪な状態。 これだから湿気が増える梅雨の時期は嫌いだ~とグチグチぼやいていたんですが、そのぼやきにうんざりした彼氏が遂に決断してくれました。 出費は痛いけど、毎日むわっとする空気もぼやきもうんざりだ!と言うので買おうと決心しました。 せめて洗濯物は乾いてくれないと部屋は狭いし、着る物にも困るので。

でも二人とも除湿機なんてどれを選んでいいかわからないので調べてみたんですが、その中で選ぶにあたってポイントとなる所をあげてみました。

まず、除湿機と一言で言っても湿度をとる方法に違いがあり、大きく2つ(組み合わせで3つ)のタイプに分類できます。

コンプレッサー方式の除湿機

空気を冷やす事により水分を取り除く方法。 コンプレッサーを通して冷媒(フロンガス)を循環させ、冷却器で湿った空気を冷やして湿気を水滴に変えます。

【長所】

  ・高温時(25℃以上)での除湿力が大きいので梅雨~夏場に向く。
  ・除湿量が多いので湿気の多い季節でもパワフルに乾燥できる。
  ・消費電力が小さいのでランニングコストが安い。
  ・室温上昇が少ない。(1~2℃程度)

【短所】
  ・コンプレッサーがあるため振動音が大きい。
  ・本体サイズが大きめでやや重い。

デシカント(ゼオライト)方式の除湿機

水分の吸着性能に優れたゼオライト(乾燥剤)で水分を取り除く方式で、冷媒(フロンガス)を使わずに除湿可能。 ゼオライトに水分を吸着させ乾いた空気を吹き出します。 吸着した水分は、ヒーターであたためられ熱交換器内を通り冷やされて水滴に戻りタンクに溜まります。

【長所】
  ・低温時での除湿力が大きいので冬場でも使う事ができる。(除湿能力としては1年を通して使える)
  ・コンプレッサーが無いので軽量。コンパクトで静か。

【短所】
  ・ヒーターを使う分消費電力が大きくなる。
  ・発熱量が多くなり部屋の温度が上がる。(室温上昇は3~8℃程度)

ハイブリットタイプの除湿機

先に紹介したコンプレッサー方式とデシカント方式を融合させたタイプ。 夏場はコンプレッサー方式で気温上昇を防ぎ、冬場はデシカント方式で除湿能力の低下を防ぐため、1年中変わらない除湿能力を維持できるのがウリ。 その分本体価格は若干高めとなります。室温上昇は1℃~8℃程度。 この3つのタイプの中から自分の生活環境にあった除湿機を選びましょう。 そして、除湿方法・除湿能力・季節・使う場所・使い方・メンテナンス&コストどれを一番メインで考えるかによってまた選ぶ基準は変わると思います。

もし今すでに除湿機を使っていて買い替えをしたい人は、今の除湿機がどのくらいの除湿能力か、季節によってどうか、使ってからどれくらいの金額が毎月かかっているか、メンテナンスはどうか等を把握してから家電量販店に行きましょう。

 

関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る