梅雨空の結婚式、ジューンブライド

ジューンブライド


梅雨空の結婚式・・・6月の花嫁はジューンブライドと呼ばれ、結婚を考える女性のプランの一つとして必ず考えられることです。

≪ ジューンブライドの由来 ≫

ではその人気のジューンブライドとはなにが由来となっているのでしょうか?
実はローマ神話が起源とされています。
ジュピターの妻ユーノーからきています。
ユーノーはローマ神話の中で女性の結婚生活を守護する神様として存在しています。
主に結婚、出産、育児を司る女神なのです。
そしてまた神々の女王と呼ばれています。
ユーノーは6月の女神とも考えられていて、幸せな結婚を願う人々がユーノーの加護を願って挙式を挙げたと考えられています。

ただ、ユーノーはギリシア神話のヘラという女神とも同格です。
ヘラは全能の神ゼウスの妻です。
ゼウスは万能だからなのか浮気の絶えない神でした。そのためヘラはいつも嫉妬の炎を燃やしてたらしく、それが由来で6月の花嫁は嫉妬深いという意味もあるそうです。

≪ ジューンブライドとお天気と ≫

ジューンブライドになると女神に祝福されて幸せになると信じて、願って6月にあげたがる女性が多くいらっしゃいます。
しかしヨーロッパでは気候のいい季節であることが多いですが、日本では梅雨真最中です。
招待をしたお客様方の服装や足元が悪くなる事を考えると雨という日にいらしていただくのも申し訳ないような気もしますし、ご自身のドレスの心配もしなくてはいけないかもしれません。

しかし雨とはそれほど昔から嫌がれるものなのでしょうか?
日本には昔からことわざに
「雨降って地固まる」
という言葉もありますし、神社などを参拝した時に降る霧雨は神様からの歓迎の印といわれる場合もあります。
私も出雲大社を参拝した時にそれまで晴天だったのに、鳥居をくぐったあたりから雨が降り始めました。
それを自宅に帰って古代史を勉強している友人に話したところ、友人が「神様がお迎えしてくれたんだね。」と言っていました。

日本は農耕民族で日照りという物は、農作物を育てている民族としては死活問題だったことでしょう。
それがこのような考え方を生んだのです。

またジューンブライドのヨーロッパ圏内のフランスでは
「雨の日の結婚式は幸運をもたらす」
ということわざがあるそうです。
その時の結婚式に神様が祝福して天使を雨として遣わしたという考えなのだそうです。

私はグアムで挙式をしましたが、それまで晴天で教会を出た時に空は晴れているのに、一瞬霧のような雨が私たちを包みました。
「雨が降るのかな?結婚式なのにいやだなぁ・・・。」
って私が言ったら、現地の係員の方と牧師さんが
「神様が祝福してくれた雨です。これくらいの霧雨がある方が涼しくなっていいんですよ。本当の嫌な雨は土砂降りです。」
みたいな事をいってくださいました。 海外でも雨と結婚式は神様の恵みとしてとらえているようです。

梅雨の季節の結婚式といってもそれで結婚という節目において「雨降って地固まる」のであれば本当に喜ばしい事です。
雨でも晴れでも結婚して素敵な家族と素敵な人生を歩んでほしいと思います。

 

関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る