運動会のパパは恰好いい?ジャージ姿でもリレー活躍すれば。。。

運動会


運動会におけるパパの役割とは?

秋の穏やかな気配の中、行われる運動会。 その中でパパの役割で重要な役割を担う期間は 保育園、幼稚園、そして小学校まででしょう。

そして、そこで「○○くんちのパパかっこいい!」とか 「○○ちゃんのパパって・・・(なんかダサ~)」と。
その評価もほぼ二分される運動会のパパです。
がんばって父兄競技に参加して、 時にけがまでしてしまうパパもいらっしゃるのに、 この評価の違いはなんでしょう?

個人的にはパパがかわいそうになってしまいますが、ここで忘れてはいけないのはそのパパのお子さん方が、そのパパの評価によってその子供の評価も変化してしまします。

ではなぜパパの評価がそれほど表立ってくるのでしょう?
それはやはり競技に参加するのが圧倒的にパパが多いからです。

もちろんお母さんも参加できますし、そういう場合もあるでしょう。
しかし最近の父兄は晩婚化の影響で昔と比べて若干高齢になりつつあります。

普段はしない全力疾走を突然することになったら、それは転んでしまうとか怪我につながるのは 当たり前のことではないかと思うのです。

パパの役割は競技が中心という事で、そこで威力を発揮したら、それが終わってからの家庭内でのパパのお子さんからの視線も 少し変わったものになるかもしれません。

どうすればかっこよくなれるのか?

パパをかっこよく・・・ これはいろいろなカテゴリがありますが、今回は運動会でいかにかっこよく走ったりできるのか?ということです。
これはフォームの問題ではないのです。
いかに自然にゴールまで走ることができるかという事です。

個人的には一生懸命走っている夫はかっこいいと思いますが、 子供たちの見方は違う物です。

まずはなにから?

では転ばずに自然な様子で走るにはどうしたらいいのか 考えていきたいと思います。

運動会

運動会開催日1か月前

運動不足の方はたいてい足首が固くなっています。
これが実は運動会で転ぶ原因の一つです。

足首を柔軟にするためには1か月くらい前から足首のみならず、ふくらはぎ、太ももなどの筋肉を柔軟に仕上げておくことが必要です。
ですからここでは速く走る訓練というよりは ゴールまで目指す体力づくりと考えたらいいと思います。

三日おきくらいにキロ数を増やしてジョギングをする。

※最初は1キロから

この時に足を動かすのではなく、腕をよく振るようにしてください。
腕を振れば足がついてきます。
そして早く走ることよりも最初は、
ウォーキングを少し早める感じの走り方からはじめましょう。

片足ずつの縄跳びをする。

※できれば100回が理想ですが、無理なら少しずつ回数を増やすつもりで 50回くらいから始めましょう。

ボクサーがやっている縄跳びありますよね?
あれはお尻の筋肉が鍛えられて 下半身の筋力アップにつながります。
加齢とともに筋肉は落ちていますから、下半身という大きな筋肉を鍛えることによって代謝もあがり、ダイエット効果があり、また走りやすくなるという相乗効果もあります。

足首のマッサージをする。

下半身を念入りにマッサージしたいところですが、 無理なら足首をテレビを見ながらクルクルまわす感じで ストレッチしてみてください。

他にも方法はあると思いますが、 まずはこのメニューからはじめてみると効果的だと思います。
これをきっかけに運動の習慣がついてさらにかっこよくなるといいですね。

毎日運動をこなしている方は 体つきが変わってくるものですよ。

好評につき売切れです

関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る