小学校行行事【遠足】

遠足


遠足は、学校行事の定番の一つですが、 春と秋の2回実施される小学校が多いようです。 春にハイキング・ピクニック的なお出かけ遠足で、 秋に社会化見学(工場見学や遺跡の見学)を兼ねた遠足、 またはその逆というパターンのようです。

おやつの準備

子ども達の遠足の楽しみの1つは200円程度の「おやつ」。友達同士で、おやつの買出しに行ったりと、遠足前からウキウキ状態です。 駄菓子屋で買い物していた時代は10円5円と計算しやすかったけど、 今はスーパーで、38円に55円、78円などと計算が難しい!その上最後は消費税の×8%まであって大変ですね。 電卓が必要かもしれません。

お弁当の準備

遠足の日はもちろん「お弁当」が必要です。 雨天中止で通常授業になっても、残念ながら給食はありません。 ※あらかじめ学校が給食を発注していないため予備日もお弁当持ちになります。 久しぶりに作るお弁当はかえって手間と時間がかかるかもしれません。 集合時間が早くなっていることもあるので気をつけましょう。

持ち物チェック

★ 体操帽 ★ 名札 ★ リュックサック ★ 履きなれた靴 ★ お弁当 ★ 水筒 ★ おしぼり ★ レジャーシート(学校では「しきもの」と書いてある) ★ おやつ(200円程度) ★ 遠足のしおり ★ 雨具(レインコートが便利。傘なら折りたたみを) ★ ハンカチ・ティッシュ ★ ビニール袋 数枚 ★ 時計(もっている人のみ) ★ バス遠足のときは、バス酔いする人は酔止め薬

基本、持ち物には全部名前を書きましょう。 『小学生にまでなって、隅々に名前が書いてあったら嫌がるかな?』 と思うかもしれませんが、新1年生さんは、2ヶ月前まで保育園児だったのです。 そして、保育所の先生が面倒を見てくれていた所を、 小学生になれば自分の物は自分で把握、管理してかなければなりません。 楽しい遠足での子供たちの成長のためにも、 親御さんがしっかりサポートしてあげましょうね。

4007ec67986687af06d1a971d491d3d9_s

お弁当の日

2001年に香川県の滝宮小学校で、 当時校長だった竹下和男先生(現・同県綾上中学校校長)が 始められたものです。
子どもたちに自分で弁当をつくらせるという取り組みで 親は一切手だしをしません。
これを始めたら家庭の中の会話が増えて、 子供たちがたくさん褒められるようになりました。 例えば、卵焼きをつくったら、一本全部を弁当には入れませんから、 残った卵焼きは親などが食べます。

で、自分の子どものつくった料理をけなす親はいませんから、 子どもは「良くできたね」とか「頑張ったね」と褒めてもらえる。
また教室では、朝から弁当の見せ合いで盛りあがるようになり、 食事づくりの大変さを知った子どもたちは 給食を残すこともなくなったそうです。
いま、全国で522以上の小中高校や大学などが実践されています。

お弁当作りという体験を通して、栄養のバランス、食品の流通、調理技術、 感謝の気持ちなど食育にかかわる知識を養う事を目的とした 素晴らしい学校行事だと思います。
遠足の日を、ご家庭内で「お弁当の日」としてみると 楽しい時間が過ごせるかもしれませんね。


関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る