世界中で愛させるRay-Ban(レイバン)の『Aviator』(アビエイター)!

IMGP4153

大人気のRay-Ban(レイバン)のサングラス。
中でものAviator(アビエイター)というモデルは
半世紀以上の時を経た今でも、世界中の人々を虜にし続けています。
そんなAviator(アビエイター)が愛されてきた理由を追ってみましょう。 

Aviator(アビエイター)の歴史

アビエイターは、レイバンを代表する定番モデルです。
レイバン設立時からアメリカ空軍に採用され、社会的な信頼を得ました。
1986年のアメリカ映画『トップガン』で、トム・クルーズがかけていたモデルで、
この映画の世界的ヒットでアビエイターの人気が高まりました。
ヘルメットを被ったままでも着脱が出来るよう、真っ直ぐなテンプル・モダンが特徴
米国空軍のパイロット用として制式採用され、
その後も研究開発を重ね1937年に誕生したのがアビエイターです。
人間の目の動きと同じ範囲をカバーし、
最大の視野を確保できる究極のデザインが完璧なスタイルで、
優れた光学技術とそのデザイン性でたちまち人々は魅了され、
現在もなお多くのファンに愛されています
スターたちの愛用率も最も高く、度々スクリーンに登場していますね。
アメリカ空軍に採用されたということで、多分多くの日本人の方は、
アメリカ軍の中でレイバンを着用した人物を一度は見ていると思います。
いちばん最初にレイバンを着用して最初に日本に来たアメリカの軍人といえば、
GHQ総司令官であるダグラス・マッカーサー元帥だと思います。
アビエイターはレイバン・コレクションの中心的存在であり、
現在は多数のモデルが発表されています。
クラシックなものから、技術的なものから非常に多種多様なラインナップになっています。 

Aviator(アビエイター)が愛される理由

やはりこの2つに尽きると思います。
 機能性の高さ
 不朽のデザイン性 

レイバン

【機能性の高さ】
アビエイターの特徴はなんといっても、空軍にも採用されたほどのその技術力でしょう。
あらゆる光源の中で明確かつ、パーフェクトな視界を提供するレンズを作成しました。
そのレンズはまぶしい光の中で実際の視力が弱められる場合、
最適な視界を保つ技術を提供してきました。
レイバンの偏光レンズには直接、
「P」という特有のマークがレーザーで刻まれており
99.9%という優れた効率で、明瞭かつクリアな視界を提供しています。  
【不朽のデザイン】
時代に適したカラーやトレンドを組み入れながらも、
その本質は一切ぶれる事がないデザイン性
これはフレームが奇抜すぎず、シンプルすぎることがないデザインにあると思います。
つまり、時代、場所に捕らわれていないことなのだと思います。
これからもなお、Ray-Ban(レイバン)のAviator(アビエイター)は
世界中の人々を魅了し続けていくでしょう
●Ray-Ban(レイバン)公式サイト
http://www.ray-ban.com/japan

 

楽天ランキング「サングラス」トップ5

 

 

関連記事

最新記事

  1. 七夕
    七夕は、織姫と彦星のお話で有名ですが、 主に日本・中国をはじめとしたアジア圏の行事です。ではアメリカ…
  2. 七夕
    7月7日が「冷やし中華の日」というのをご存知でしたか?他にも『ゆかたの日』『川の日』『乾麺デー』『カ…
  3. FX
    みんなさんFXをご存知でしょうか?いまやいろいろなところでCMを見かけていると思います。そもそもFX…
  4. 花粉
    梅雨の季節になり、花粉症もおわり!と思いきや。。。梅雨でも花粉は飛んでいます。梅雨の花粉とはなにがあ…
  5. 紫陽花
    梅雨といえばジメジメ・・・。洗濯物も乾かず、湿気だらけ。。。そんな風に思う人も多いですが、梅雨の時期…
ページ上部へ戻る